効果は水虫だけじゃない?ダマリンは爪水虫にも効く?

■爪水虫は基本的に皮膚科の薬でないと治らない

爪水虫は足の皮膚にできる水虫を放置していることで、発症します。
基本的に皮膚科の薬でないと治らないのでダマリンで治療するのは難しいでしょう。

 

ダマリンで爪水虫を治療した人の体験談を探してみても、見つかりませんでした。

 

また、「ダマリンでは爪水虫が治らない」という意見があったので、ダマリンで治療して
いる人は少ないことが推測できます。

 

ダマリンは、皮膚の水虫に使うことを想定して作られている薬です。
爪水虫の患部には成分が浸透しにくいので、効果が弱いです。

 

しかし、「ダマリンの液タイプを爪に垂らしていたら症状が良くなった」という口コミが
ありましたので、まったく効果がないわけではありません。

 

爪水虫も水虫と同じように白癬菌が原因です。
白癬菌に効果がある抗真菌剤のダマリンは、少しですが作用するのです。

 

爪は皮膚と同じケラチンというタンパク質でできています。
そのケラチンを食べる白癬菌が爪の下の皮膚にまで繁殖すると、爪水虫になるのです。

 

ケラチンはとても硬い物質なので、白癬菌以外の真菌は食べることができません。

 

しかし、白癬菌はケラチンを分解する成分を持っているので、ケラチンを食べることが
できるのです。

 

白癬菌は一度感染すると、あっという間に繁殖します。
繁殖しやすいので、ダマリンで少しづつ治しても治療が追いつかないことが考えられます。

 

ダマリン以外の市販薬が有効です。
また、爪水虫ではダマリンの持ち味である清涼感が生かされません。

 

■爪水虫ではダマリンの清涼感が効果なし?

爪水虫は皮膚にできる水虫と違ってかゆみがありません。
ダマリンの持ち味である清涼感が台無しになってしまいます。

 

ダマリンを使ったことがある人の体験談によると、初めてダマリンを使ったときはスーッと
する使い心地に驚いたそうです。

 

塗った瞬間に水虫で不快になっていた患部がすっきりして、かゆみが収まったのです。
そして、使っているうちに皮膚がキレイになっていきました。

 

ただ、爪水虫はかゆみや痛みがありませんし、皮膚の水虫と違い入れ替わるのに時間が
かかります。

 

一度ボロボロになった爪がキレイになることはありません。
新しく生えてくる爪をキレイにするしかないので、半年以上かかってしまいます。

 

ダマリンは水虫のかゆみを止める作用が強い薬です。
爪水虫はかゆみがないので、ダマリン以外の薬が良いと考えます。

 

では、爪水虫に効果的な市販薬はどれか調べてみました。

 

■爪水虫に効果的な市販薬

爪水虫に効果的な市販薬を探してみると、ホロスリンという薬がありました。
ホロスリンという薬には、爪水虫に有効な成分が入っています。

 

ホロトキシンという殺菌成分は、白癬菌にだけ強力な効果がある成分です。

 

そして、サリチル酸という成分は、抗炎症、抗菌、殺菌作用があります。
また、角質を溶解して、軟化する働きがあります。

 

爪も皮膚の角質と同じ性質なので、サリチル酸で溶かされて殺菌成分が浸透しやすくなり
ます。

 

爪水虫は爪がどんどん厚く硬くなってしまうので、この溶解・軟化作用は重要です。

 

ダマリンにはサリチル酸が配合されていないので、硬くなった爪を柔らかくする作用はあり
ません。

 

これが爪水虫が治りにくい原因なのです。
爪水虫を市販薬で治すならサリチル酸が配合されている薬を使いましょう!

 

■爪水虫は爪をはがして治すと早く治る?

爪水虫になると爪の感覚がなくなり、普段では切れないくらい短く切れてしまいます。
爪をはがすことも痛みがなくできるので、爪をはがして治す方法があります。

 

この方法は、爪の下の皮膚に直接水虫薬を塗ることができるので、効果的です。

 

しかし、普段表面に出ていない部分の皮膚が出ているので雑菌がついたり、傷がついたり
して、水虫の症状が悪化してしまう可能性があります。

 

また、爪をはがした部分にばんそうこうを貼って隠す人が多いのですが、こまめにばんそう
こうを変えないと不衛生になります。

 

足を濡らした後にばんそうこうを変えないでいると湿気が溜まり、菌が繁殖する原因になる
ので、常にばんそうこうを持ち歩いてこまめに替える必要があります。

 

このことを考えると爪ははがさないで新しいきれいな爪に生え変わるのを待った方がよい
でしょう。

 

また、女性の場合はぼろぼろになった爪を隠したがる傾向にあります。
しかし、そのためにペティキュアを塗ると、症状が悪化してしまうのでやめましょう。

 

サンダルを履かない、極力素足にならない、温泉やプールなどにはいかないなど、
対策を打ってください。

 

爪水虫の治療は、水虫の治療と同じで時間がかかります。
毎日薬を塗り続けるのは大変ですが、根気強く続けていきましょう!

水虫にダマリンは効かない?副作用とかはあるの?

■水虫にダマリンは効かない?

水虫にダマリンは効かないという噂がありますが、本当でしょうか?
ダマリンが水虫にどれくらい効くのかを調べました。

 

その結果、ダマリンが効かないという人はダマリンに配合されている強いかゆみ止め成分が
原因であることが分かりました。

 

強いかゆみ止め成分は皮膚にとって刺激になります。
刺激を受けると皮膚は炎症を起こしたり、かゆみがつよくなったりするのです。

 

その結果、ダマリンを塗る前よりも水虫の症状が悪化してしまうのです。

 

症状が悪化する原因となるかゆみ止め成分は、3種類あります。
ここからはその3種類のかゆみ止めについて、説明していきます。

 

まず、一つ目のかゆみ止め成分はリドカインです。

 

リドカインには、ほとんど副作用がありません。
たまに出る副作用はほてり、血管の拡張作用が原因の動機、血圧低下が原因のめまい。

 

しかし、どの症状も足に少量しか塗らない水虫治療では出にくいです。

 

二つ目のグリチルリチン酸二カリウムは、化粧品にも使われている成分です。
副作用の心配はありません。

 

美白効果も認められるので、危険性は低いです。

 

三つ目のかゆみ止めの成分は、l-メントール。
発赤、熱感などの副作用があります。

 

ダマリンに配合されているかゆみ止め成分には、強い副作用がありません。
しかし、皮膚に作用すること自体が刺激となり、症状を悪化させるのです。

 

この刺激はつけているうちに収まっている場合もあれば、悪化し続ける場合もあります。
1週間くらい様子を見ながらダマリンをつけて、悪化したら別の薬に変えましょう!

 

■ダマリンの添加物が原因で効かないことがある

ダマリンには他の薬と同じように添加物が入っています。
この添加物が原因で水虫に効かない場合があります。

 

ダマリンに含まれている添加物は、主に以下の3つです。

 

・ソルビタンセスキオレイン酸エステル
・ミリスチン酸オクチルドデシル
・エタノール

 

主な3つの添加物の中でエタノールは皮膚に刺激を与えます。

 

エタノールが入っている塗り薬は清涼感があり、消毒作用もありますが、刺激が強いので
水虫で皮膚が弱っているところにはつけない方がいいです。

 

ダマリンのスプレータイプにはエタノールが配合されているので、スプレータイプを使う
際は短期間集中的に使いましょう。

 

そして、ダマリンの他のシリーズにもエタノールは配合されています。
以下の商品には注意してください。

 

・ダマリングランデX液
・ダマリンL液
・ダマリングランデパウダースプレー
・ダマリングランデアイススプレー
・ダマリンパウダースプレーDX

 

また、以下の商品にはエタノールが配合されていません。
皮膚の炎症がひどいところにも安心して使えます。

 

・ダマリングランデX
・ダマリンL

 

■効かない場合は湿疹の可能性がある

ダマリンが効かない理由は主に2つあります。
水虫だけど相性が悪い場合と、そもそも水虫ではない場合です。

 

水虫だけど相性が悪いという場合は、他の薬を塗ることで改善されます。
しかし、そもそも水虫ではない場合は、なんの病気かを調べる必要があります。

 

水虫に似た症状があるのは、湿疹です。
皮膚科へ行って水虫か湿疹か診断してもらいましょう!

 

湿疹は皮膚の表面にある水分の層がうすくなってしまい、外部からの刺激に弱くなっている
ことが原因で起こります。

 

皮膚表面の水分の層はバリア機能の役割をします。

 

このバリア機能が弱くなっていると外部からの刺激を受けやすくなり、湿疹や炎症を引き
起こすことになります。

 

湿疹の原因はほこりやハウスダストが皮膚につくことです。

 

一方、水虫の場合は皮膚のバリア機能が弱っているときに、白癬菌が皮膚について繁殖する
ことで起こります。

 

つまり、湿疹と水虫は皮膚に刺激を与えるものが違うだけで、刺激を受ける原因がバリア
機能の低下であることは変わらないのです。

 

ダマリンが効かない場合は、刺激の少ないクリームで肌を保湿すると症状が治ります。
水虫は保湿だけではなく殺菌も必要なので、保湿クリームでは治りません。

 

■水虫かどうかを調べるための検査を受けよう

水虫かどうかがはっきりしない場合は、皮膚科で検査を受けてください。
カセイカリ鏡検法という方法がよく用いられます。

 

カセイカリ鏡検法とは、はがした皮膚の小片に20%くらいのカセイカリ液をかけて行い
ます。

 

角層をとかしたあとに顕微鏡でその中のカビを見つけたら、水虫と判断されます。
カセイカリ鏡検法は早ければ5分、長くても30分以内に終わります。

 

費用もかからないのでぜひ、皮膚科で検査を受けてみてください。

水虫を治す効果は?ダマリンの口コミはどうですか?

■ダマリンの口コミ

ダマリンは、通販サイトでもドラッグストアでもよく取り扱っています。
どれくらい効果があるのか、口コミを調べてみました。

 

・塗った感じがべとべとしないし、よく効いていると思う
・クリームが効きそうだと思う
・すぐに痒みが収まった!使い方も簡単!
・3本で完治?したけど、予備で1本とっておこうと思う
・皮膚がキレイになったので続けようと思う

 

このようにダマリンを塗って水虫が良くなった人が多かったです。

 

とくに3本で完治と思われる状態になったという口コミをもとに考えてみると、1本15gが3本
で完治したので、合計で45gのダマリンを塗ったことになります。

 

1日で1gつけたとして、1か月半で完治したと思うほどよくなるのは効果が出るのが早いです。
他の市販薬の中には、効果が出るまで2か月かかるものがあります。

 

また、すぐに痒みが収まったということは、それだけ強いかゆみ止めの成分を配合している
ということです。

 

様子を見ながら使わないと、水虫の症状がかえって悪化してしまう可能性があります。
くれぐれも注意をしましょう!

 

■ダマリンの成分とは?

水虫に即効性のあるダマリンは、どんな成分でできているのでしょうか?
成分別の効果について調べてみました。

 

○テルビナフィン塩酸塩 白癬菌は殺菌する
○リドカイン 患部の痒みや痛みを一時的に鎮める
○グリチルリチン酸ジカリウム 患部の炎症を改善する
○l-メントール 清涼感を与え、炎症を抑える

 

これらの成分が水虫のかぶれや炎症とかゆみを抑えます。

 

テルビナフィン塩酸塩は、白癬菌の感染を抑える効果がある成分。
水虫以外では皮膚カンジダ症の治療に使われます。

 

ダマリンにはクリームタイプをはじめとするさまざまな種類がありますが、どれも有効成分
は同じです。

 

炎症を抑え、かゆみを抑えるのでかゆみが強い水虫に良く効きます。
かゆみがない水虫の場合は、かゆみ止め成分が配合されていないものを選びましょう。

 

■ダマリンのスプレータイプで趾間型足白癬を完治した人の体験談

ダマリンのスプレータイプはパウダーが出るので、患部を乾燥することができます。
ある人の体験談によると、指の間に出来る水虫をこのスプレータイプで治したそうです。

 

あの人は指の間がじゅくじゅくになる水虫・趾間型足白癬になりました。

 

水虫にはクリームタイプが一番いいと効いていたので、ダマリンのクリームタイプを毎日
欠かさず塗っていたのです。

 

しかし、3か月以上塗り続けても効果が出なかったので、友人に相談したところ、
「ダマリンのスプレータイプがいいみたいだよ」と教えてもらえました。

 

さっそくスプレータイプを使ってみたところ、指の間のジュクジュクがパウダーで乾燥して
かゆみが止まったのです。

 

そして、すぐにじゅくじゅくしなくなり、指の間の皮膚がきれいになりました。
その後、クリームタイプに切り替えて半年ほどで完治しました!

 

ダマリンのスプレータイプとクリームタイプを組み合わせて使うことで、治療をスムーズに
進めることができます。

 

私も指の間がジュクジュクになる趾間型足白癬だったのですが、スプレータイプで表面の
症状を完治しています。

 

指の間がサラサラになり不快感がなくなるので気に入っていますが、爪にまで到達した
水虫を治す効果はないようです。

 

水虫の症状に長年苦しんでいる人は趾間型足白癬だけではなく、爪白癬や角化型白癬などの
症状にもなっています。

 

複数の症状を治療できるのは、クリームタイプです。
指の間をスプレーで重点的に治したら、クリームでじっくり完治するようにしてください。

 

■ダマリンで水虫が治らなかったら?

ダマリンを使っても水虫が治らなかったら、どうすればいいのでしょうか?
まず、本当に治療法があっているかどうかを考えましょう。

 

ダマリンを使っても効果がなかった場合、水虫の治療法が間違っている可能性があります。
自己判断で水虫を完治するのは難しいので、皮膚科医に相談をしてください。

 

間違った方法を続けていると水虫が治らないだけではなく、治らないことでストレスを
抱えるようになります。

 

また、裸足で過ごすことを避けるようになり、海やプール、温泉などに消極的になります。
人付き合いやリフレッシュの妨げになることも考えられます。

 

皮膚科医の診察を受けて、速めに治療を始めてください。
水虫の思わぬ弊害を招かないためにも、正しい診断を受けましょう。

 

水虫は長期間、こつこつ治療を続けないと完全に治りません。

 

正しいかどうかわからないまま、治療を続けるのはつらいので、正しいことをはっきり
させてから、水虫の治療を始めてください。

ラミシールで水疱ができる水虫は治せる?効果は?

■痒みが強い水疱の水虫にはラミシールが効果的

足の裏や土踏まずに小さい水疱ができてしまう小水疱型白癬には、ラミシールが効果的。
ラミシールにはかゆみ止め成分が配合されているので、強いかゆみを抑えます。

 

調べてみると、小水疱型白癬は強いかゆみを感じるようです。
水疱ができているところをかいて、水疱をつぶてしまう人が少なくありません。

 

水疱がつぶれると水疱の中にあるネバネバの液体が出てきてしまいます。
ネバネバの液体は周りの健康な皮膚につくと、炎症を起こします。

 

その結果、水疱型白癬の症状が広がってしまうのです!
水疱型白癬はこれが原因で悪化しやすく、角化型白癬になる可能性があります。

 

ラミシールにはかゆみ止めの成分が含まれています。
水疱型白癬の強いかゆみをおさえるので、効果的です。

 

また、殺菌作用が強いので水疱の中のネバネバの液体にまで浸透して症状を抑えます。

 

痒みが強いときはスッとする使い心地の液タイプをつけて、かゆみが収まってきたら、
成分が長く皮膚にとどまるクリームをつけましょう!

 

液タイプはアルコールが入っている分、早く蒸発してしまうので効果が長持ちしません。
最初の段階の症状を抑えるのには向いていますが、液タイプで完治は難しいでしょう。

 

液タイプで痒みを抑えれば、とても楽になります。
しかし、水疱がすぐになくなるわけではありません。

 

小水疱型白癬になった人は「水疱をつぶしたい」と誰でも思うはず。
水疱は潰していいのか調べてみました。

 

■水虫の水疱はつぶしていい?

皮膚科医の記事によると、水疱の中に水虫の原因菌はいないそうです。
皮膚科で医師につぶしてもらう分には、問題ありません。

 

小水疱型白癬は悪化すると水疱が大きくなり、不快になります。
自分でつぶすとさきほど説明したように中のネバネバな液が出てきてしまいます。

 

それで症状を悪化させないためにも、皮膚科で医師につぶしてもらいましょう!

 

水疱が大きくなっているともともといなかった水虫の原因菌である白癬菌が繁殖している
可能性があります。

 

大きい水疱を放置していると、アレルギー症状を引き起こす可能性があります。
それを防ぐためにも、皮膚科でつぶしてもらってください。

 

皮膚科で水疱をつぶすときは、以下のよう流れになります。

 

・患部を消毒する
・消毒済みのハリで1か所穴をあける
・中の液体を出す
・患部をもう一度消毒する
・ガーゼを当てて終了

 

ガーゼは毎日交換して、液体が出なくなるまでつけ続けます。

 

これだけ見ると、自分でもできそうと思うかもしれませんが、医師に施術してもらう方が
安全なので、皮膚科へいきましょう!

 

■小水疱型白癬はどれくらいの期間で治る?

悪化しやすい小水疱型白癬は、どれくらいの期間で治るのでしょうか?
完治するまでの期間を調査してみました。

 

その結果、発症してからラミシールをはじめとする市販薬を塗り始めて2か月で水疱は
なくなるそうです。

 

しかし、これは市販薬があっている場合ですので、合っていないものを塗ると症状が改善
しなかったり、悪化したりします。

 

ラミシールを試してみて、2週間で効果が出なかったら、他の薬に変えましょう!

 

そして、水疱がなくなっても皮膚の角質層の奥深くに白癬菌が残っています。
半年間は塗り続けてください。

 

私は市販薬で水虫を治していますが、いつも表面の症状が治ったら薬を塗らなくなります。
そのせいで毎年水虫を繰り返しています。

 

頭では理解できているのですが、表面の症状が良くなるとどうしても塗るのをさぼって
しまいます。

 

そこで最近は、家族に水虫の薬を塗るように注意してもらうようにしています。
その結果、足の皮膚がキレイになってきています。

 

■水虫の水疱は爪でつぶすとどうなる?

水虫の水疱を見つけると、ニキビのように爪でつぶしたくなりますよね?
しかし、これをやってしまうと手も水虫になるのでやめましょう。

 

大きくて深いな水虫の水疱の中には白癬菌がいます。
爪でつぶすと、手の爪の中に白癬菌が入り込んでしまいます。

 

手の爪の中に白癬菌が入り込むと、そこで繁殖してしまいます。
その結果、手の爪白癬になってしまうのです!

 

爪白癬とは爪の水虫のことで、発症すると小水疱型白癬よりも治りにくいです。
こうした二次感染をふせぐためにも、爪で水疱をつぶすのはやめましょう。

 

また、硬い素材でできている靴を履くと水疱がつぶれやすくなります。
休日はスニーカーやサンダルなどの柔らかい素材の靴を履いて過ごしましょう!

 

ラミシールで小水疱型白癬を治すことは十分可能ですが、皮膚科での受診して、
水疱をつぶさないように注意する必要があります。

塗る期間はどれくらい?ラミシールで水虫は治るまでは?

■ラミシールで水虫を完治するまでの期間

ラミシールを使うとどれくらいの期間で水虫が完治するのでしょうか?
完治までの期間を調査してみました。

 

水虫には大きく分けて皮膚に出る水虫と爪に出る爪水虫があります。
足水虫の場合はラミシールを塗り続けて4週間くらいで効果が出て、2か月あれば治ります。

 

しかし、爪水虫の場合は1~2か月で効果が出て、6か月くらいで治ります。

 

皮膚が生まれ変わるのに必要な期間よりも爪が生まれ変わるのに必要な期間の方が長いので
完治するまでの期間に差が出てしまうのです。

 

ただ、どちらの場合も症状が治っても角質層の深いところに白癬菌が残っている可能性が
あります。

 

症状が改善してもしばらくの間は、ラミシールを塗り続ける必要があります。
目安として半年~1年は塗り続けましょう!

 

また、皮膚科でラミシールを処方してもらった場合は自己判断で治療を中止しないで、
医師の許可が出るまでは薬を使い続けないといけません。

 

それを分かっていても、医師の許可が出る前に治療をやめてしまうのは、薬を塗るのが面倒
だからです。

 

面倒なのを解消するためには、どうすればいいのか調べました。

 

■毎日ラミシールを使い続けるのが面倒な場合は?

悩んでいる水虫を治療するためとはいえ、半年以上毎日ラミシールを塗り続けるのは
本当に面倒ですよね?手間をかけないためには、どうすればいいのか調べました。

 

まず、水虫薬の塗り薬は基本的に1日1回塗らなければなりません。
しかし、表面的な症状がなくなり、肌がキレイになったら、塗るペースを落としましょう。

 

最初は3日に1回にして、徐々に1週間に1回にしていってください。
これでも全く塗らなくなるよりは効果があります。

 

半年~1年という長い期間、毎日塗るのはつらいものです。
ペースを落とすことで無理なく塗り続けることができます。

 

また、ラミシール以外の使用感の良い薬を使う方法でも塗るのが楽になります。
ここからはラミシール以外の水虫薬について説明していきます。

 

■クリアフットヴェールの効果と口コミ

クリアフットヴェールという塗り薬なら、使用感が良く角質層の深くにまで成分が浸透
していきます。口コミをみてみると、評判が良い薬のようです。

 

クリアフットヴェールは、植物性の消毒作用がある竹酢液で白癬菌を殺菌します。
白癬菌はカビの一種で植物性なので、植物性同士で作用しやすいのです。

 

また、竹酢液には白癬菌を消毒するだけではなく、肌を滑らかにする働きもあります。
水虫で肌がぼろぼろになっていても、塗り続ければきれいになりますよ。

 

クリアフットヴェールの口コミをみてみると、以下のようなものがありました。

 

足の裏がボロボロになるタイプの水虫だったのですが、クリアフットヴェールを使い始めて
から2週間で肌がきれいになりました。

 

仕事をするときに通気性が悪い靴を履かないといけないので、日常生活で足がムズムズ
したり、匂いが気にならなくなったりします。

 

さらさらしていて使用感が良く、塗った後も気持ちが良いです。

 

水虫は足が蒸れて不快なことが多いのですが、塗るとさらさらして気持ちいいクリアフット
ヴェールなら、半年以上塗るのも苦になりませんね。

 

また、爪水虫の人には、ペティキュア感覚で塗れるクリアネイルショットが効果的です。
クリアネイルショットの効果と口コミを調べてみました。

 

■クリアネイルショットの効果と口コミ

クリアネイルショットは、クリアフットヴェール同様竹酢液が配合されています。
肌にやさしく肌の状態を健康にする竹酢液は水虫に有効なのです。

 

クリアネイルショットはペティキュアのようなボトルに入っているので、目につく場所に
置いていても邪魔になりません。

 

また、塗っているところを家族や同居人に見られても水虫薬だとはわかりません。
女性の場合は、家族にも内緒で治療したいという人が多いので、女性向きですね。

 

爪水虫は爪がボロボロになってしまうのですが、濃度が濃いジェルで保護できるので、
爪がぼろぼろになるのを抑えてくれます。

 

竹酢液以外には、テルピネン‐4-オイルやシトラールが配合されています。
爪を滑らかにするので、効果を実感しやすいです。

 

クリアネイルショットの口コミを見てみると、以下のようなものがありました。

 

塗るだけなので、簡単に使えるし、体に負担が少ないところが気に入っています。

 

他の薬で治らなかったので効果が出るまでには時間がかかるだろうと思っていましたが、
思った以上に早く効果を得られてうれしかったです。

 

夏にきれいになった爪でサンダルを履くのが今の目標です。

 

このように、予想以上に早く効果を得られた人は少なくありません。
クリアネイルショットのような即効性があり、使いやすい薬で水虫を治療しましょう。

合わない場合は変えるべき?ラミシールが水虫に効かないときは?

■ラミシールが効かないのは他の病気の可能性がある

ラミシールは一般的によく使われています。
白癬菌の繁殖に必要な酵素を遮断して、真菌を撃退する効果があります。

 

ラミシールには塗り薬と飲み薬、スプレータイプがあります。
症状に合わせて使い分けるといいのですが、どれも効果がない場合があります。

 

その原因について調べてみると、水虫の症状によって塗り薬自体が効かないことがあり
ます。

 

例えば指の間に出来る趾間型白癬と小さな水疱ができる水疱型白癬は、塗り薬がとてもよく
効きます。

 

しかし、角化型白癬と爪に水虫の症状が出る爪白癬は塗り薬が効きません。
薬の成分が白癬菌が繁殖している角質の奥深くまで、浸透しないからです。

 

この場合は、飲み薬で治療する方が効果が出やすいです。
また飲み薬に変更しても効果がない場合は、他の病気の可能性があります。

 

水虫薬は他の薬に比べて高額なので、治療するのは費用がかなりかかります。
この費用を無駄にしないためにも、薬を買う前に皮膚科で顕微鏡検査を行ってください。

 

■皮膚科で行われる顕微鏡検査とは?

皮膚科では白癬菌に感染しているかどうかの検査を行うことができます。
どんな検査なのか、内容を調べてみました。

 

まず、白癬菌に感染していると思われる部分の皮膚を一部とります。
かぶれたり炎症を起こしたりして、めくれている部分をとるので痛みはありません。

 

検査の手順は、以下の通りです。

 

○顕微鏡検査の手順

 

1 幹部の皮膚をとってスライドガラスにのせる
2 カバーガラスをして強アルカリ(KOH)を2~3滴流す
3 60度~70度で2~3分加熱し顕微鏡で観察する

 

KOHという薬品を使って検査するので、KOH検査といいます。
この方法以外には、1週間皮膚を培養する方法もあります。

 

顕微鏡検査では白癬菌がいそうなところを探さないといけませんし、顕微鏡でみても間違え
やすい菌が多いので、皮膚科医でも検査結果を間違えることがあります。

 

熟練した医師でないとわからないのです。
また、皮膚科によっては顕微鏡検査を行わないところもあります。

 

皮膚科を受診する前に、顕微鏡検査があるかどうかを確認しましょう!

 

白癬菌をはじめとする真菌は細菌やウイルスよりも大きいのが特徴です。

 

白癬菌は顕微鏡で見ると、糸のような長い菌糸がのびていて、竹の節のようになっている
そうです。

 

■ラミシールが合わない場合は薬の種類を変える

ラミシールはアリルアミン系の薬なので、合わない場合はイミダ―ル系の薬にしましょう。
成分の効き方が違う薬に変えると効果が出やすいです。

 

イミダ―ル系の薬には、ピロエースZなどがあります。
白癬菌にもカンジダにも効くのがアリルアミン系と同じですが、効き方は違います。

 

指定二類医薬品なので、副作用が強く安全性に注意が必要です。

 

ラミシールを1か月使っても効果がない場合は、イミダ―ル系の市販薬に変えて様子をみて
ください。

 

また、ラミシールが効かないのは、日頃の生活習慣やストレスのせいだと思う傾向がある
ようですが、生活習慣は関係ありますが、ストレスは関係ありません。

 

■ラミシールが効かないのは生活習慣も関係している

ラミシールで水虫が治らないのは、生活習慣が関係しています。
足に良い生活習慣を心がけましょう。

 

通気性に良い靴を履く、汗をかいたらすぐにふきとるなど細かい部分に注意していれば、
水虫の治りが早くなり、ラミシールの効果が出やすくなります。

 

ラミシールを毎日塗っていても足が蒸れやすい環境で過ごしていたり、汗をしっかり拭か
なかったりすると治りは遅くなってしまうのです。

 

皮膚の健康状態を悪くするような習慣を避けることで、ラミシールは効きやすくなります。
しかし、肌の天敵であるストレスは水虫には直接影響しません。

 

ストレスは皮膚を乾燥させ、免疫力を低下させますが、これが水虫を悪化させる原因には
ならないのです。

 

ただ、ストレスを感じている状況では足のケアがおろそかになってしまいます。
これが水虫を治りにくくする原因になることは、あります。

 

ラミシールを使っていて効果が出ない場合は、こうしたことが原因になっているかもしれま
せん。

 

・水虫の症状に合っていない可能性
・他の病気の可能性
・生活習慣の可能性

 

この中のどれが原因か知るためには、自分の生活習慣を見直して、皮膚科で専門医による
検査を受ける必要があります。

 

皮膚科を受診するのは面倒に思うかもしれませんが、検査は5分~10分程度で終わります。
また、一度検査すればわかるので繰り返し検査する必要がありません。

 

本当に水虫かどうか疑問を持ちながら治療するよりも、検査ではっきりさせた方が気楽に
治療を進められますよ!

ラミシールの価格は水虫薬の中では高い方?安い方?

■ラミシールの価格は?

ラミシールの価格を調べてみると、他の外用薬に比べて高額なことが分かりました。
できるだけ安いところで買って治療を続けやすくしましょう。

 

調べてみると、ラミシールの外用薬の通販の価格は以下の通りでした。

 

○ネットでの定価 10g 2,205円
○ネットでの安めの価格 10g 1,680円
○ネットの最安値 30g 4,140円

 

他の水虫の外用薬は、以下の通りです。

 

○ブテナロック 15g 1,380円
○メディータム 20g 660円

 

ブテナロックは10gあたり920円、メディータムは10gあたり330円です。
ラミシールはネット最安値でも10gあたり1,380円。

 

他の水虫薬に比べて、ラミシールは高額なことがわかりますね。

 

しかし、「ビューティーアンドヘルスリサーチ」では、現在30gで1,980円で販売しています。
10gあたり660円で、お一人様6本まで購入できます。

 

ラミシールを使っている人の口コミでは10gで1か月持つとのことなので、6本で半年間、
水虫治療にかかる平均的な期間分になります。

 

ラミシールで水虫を治療する場合は1か月660円、半年で3,960円です。

 

一見、高額なラミシールでも購入するサイトを選べば他の水虫薬とほとんど買わない価格で
購入できますよ。

 

■ラミシールの内服薬の価格は?

さきほど説明したのは、ラミシールの外用薬の価格です。
内服薬の価格は、いくらなのか調べてみました。

 

ラミシールの内服薬の価格は、ラミシール125mgの場合、1錠あたり約184円。
1日1錠なので、1か月で約5,520円、半年で約33,120円。

 

外用薬よりも高額になり、経済的な負担が大きくなります。
そこで、ジェネリック医薬品を使いましょう!

 

テルビナフィン錠125mgなら、1錠あたり約73円。
こちらの薬も1日1錠なので、1か月で約2,190円、半年で約13,140円。

 

ジェネリック医薬品は、新薬と同等の成分と効果があります。
安いからと言って、効果が弱いわけではありません。

 

水虫治療は時間がかかるので、ジェネリック医薬品を使って治療しましょう。

 

皮膚科で診察してもらうときに「薬はジェネリックにしてください」と医師に伝えると、
ジェネリック医薬品にしてもらえますよ。

 

しかし、ジェネリック医薬品でもラミシールクリームの方が安く買えます。
まずは、ラミシールクリームで治療を始めてみましょう。

 

■ラミシールは個人輸入で安く買える

ラミシールの外用薬であるラミシールクリームは、個人輸入で購入すると安くなります。
「ビューティーアンドヘルスリサーチ」と同じくらい安く買えますよ。

 

オオサカ堂という個人輸入代行のサイトでは、ラミシールクリームを15gあたり約1,400円で
買うことができます。

 

ラミシームクリームは10g、15g、30gなど量が違う商品が販売されています。
価格だけをみて一番安いものを買っても、量をみるとお得ではない場合があります。

 

通販で購入するときは薬を直接手に取らないので、量を見落としてしまいがちですが、
量と価格を確認してから購入しましょう!

 

オオサカ堂でのラミシールクリームの価格は以下の通りです。

 

○15g1本 1,400円
○15g2本 2,400円
○15g4本 4,300円

 

4本の場合は10gで700円。
「ビューティーアンドヘルス」で買うのと同じくらいの価格で購入できます。

 

「ビューティーアンドヘルス」では1回しか買うことができませんが、オオサカ堂では何度
でも購入できます。

 

水虫は症状が重いと半年以上1年前後かかって、治療することになります。

 

最初の半年分を「ビューティーアンドヘルス」で購入して、治らなかったらオオサカ堂で
購入すれば最安値級でラミシールを使って、水虫を治療できますよ!

 

■安く買った方が早く治る?

ラミシールをはじめとする水虫薬は高いと、1回に塗る量が減ってしまいます。
しかし、安く買えば塗る量が増えるので、効果が出やすくなります。

 

水虫薬を安く買うことは経済的な負担にならないだけではなく、治りやすいというメリット
があります。

 

私が以前使っていた市販薬は価格が高かったので、1回に塗る量が少なかったです。
それが原因だったのか、なかなか治りませんでした。

 

その結果、毎年水虫になり、毎年水虫薬を買っていて、節約になっていませんでした。

 

今は、早く治すことを最優先に考えて塗っているので、適量です。
薬のヘリは早いですが、症状は確実に良くなっています。

 

来年に再発しなければ節約になるので、治療中は多めに薬を塗りましょう!

水虫がかかとにできた!ラミシールは効果がある?

■かかと水虫は治りにくいので効果がない可能性がある

かかとに出来るタイプの水虫は「角化型足白癬」という水虫です。
一般的な指の間にできる水虫が悪化すると、角化型足白癬になります。

 

角化型足白癬について詳しく調べてみると、高齢者に多いことがわかりました。

 

皮膚が厚く硬く乾燥してひび割れるので、水虫と思わずに加齢で肌が乾燥しているだけと
誤解している人が少なくありません。

 

角化型足白癬の治療法は白癬菌を殺菌するだけでは、効果が出にくいです。
角化して厚く硬くなった皮膚を柔らかくする必要があるからです。

 

まず、皮膚を柔らかくしてから白癬菌を殺菌する薬を塗りましょう。

 

水虫になっているときは、軽石などで足の皮膚を削らない方がいいといわれていますが、
角化型足白癬の場合は、適度に足の角質を削らないと薬の成分が浸透しません。

 

角質を正しく削って、皮膚を柔らかくしてからラミシールを塗ってください。
ラミシールの場合は浸透力が強く、保湿効果があるクリームタイプを選びましょう!

 

■正しい足の角質の削り方とは?

正しく足の角質を削ることで、ラミシールの成分が浸透しやすくなります。
削るときは、丁寧に少しづつ削ってください。

 

ドラッグストアなどでかかとの角質を削るグッズがありますので、そういったグッズを
使いましょう。正しい削り方のポイントは以下の通りです。

 

○かかとの角質の正しい削り方

 

・湯船につかりかかとの角質を柔らかくする
・角質を削るグッズで力を入れずに丁寧に削る
・往復してけずらないで一方向に動かす
・かかとを触ってどれくらい削ったか確認しながら行う
・1回で削ろうとしないで2~3日に分けて削る

 

足が塗れている状態だと、どれくらい角質を削ったのかがわかりづらいです。
乾燥した状態をみるために2~3日に分けて削っていきましょう。

 

また、削った後は保湿ローションや保湿クリームをつけてください。

 

削りすぎが心配な場合は、クリームやジェルで角質をとるといいですよ。
水虫薬は角質を削って保湿した後に塗りましょう。

 

角化型足白癬になりやすい高齢者は高齢者施設にはいっていると、こうした角質ケアが
できません。

 

自宅なら家族にしてもらえるので、外用薬のラミシールで治療できますが、高齢者施設に
入っている角化型足白癬の患者は内服薬のラミシールで治療を進めていきます。

 

しかし、そのときに副作用が出る可能性があるので、ラミシール以外を使う場合が多いよう
です。

 

■ラミシールが使えない高齢者の場合はどんな薬を使う?

角質ケアが出来ず、内服薬も使えない高齢者の場合は、サルチル酸ワセリンを使います。
ラミシールの内服薬は肝障害などを引き起こすので、危険なのです。

 

高齢者はもともと肝臓や腎臓の機能が低下しています。
ですので、肝臓や腎臓に副作用が出るラミシールは使えません。

 

ラミシールの外用薬では浸透力が低く、角化しているかかとに成分が入っていかないので、
セリチル酸ワセリンなどの外用薬を使って治療をする高齢者施設が多いです。

 

セリチル酸ワセリンとは、どんな外用薬なのでしょうか?

 

○セリチル酸ワセリン

 

・サリチル酸を主成分とする軟膏
・皮膚の角化をやわらかくする作用がある
・白癬菌を抑える効果がある
・ただれやかぶれがひどい患部には使えない
・1日1~2回塗る
・副作用は少ない

 

ワセリンはスキンケアなどにも使われ、安全性と保湿力が高いことが広く知られています。
高齢者の角化型足白癬には、こうした副作用の少ないものが向いています。

 

■角化型足白癬と間違えやすい病気

角化型足白癬は、他の病気と間違えやすいです。
皮膚科で診察してもらって、白癬とわかってから治療しましょう。

 

角化型足白癬に似た病気には、こんなものがあります。

 

○疥癬

 

・ダニの一種が皮膚に寄生して起こる皮膚病
・患部にぶつぶつができるのが特徴
・見た目だけでは白癬と区別がつかない

 

○汗疱

 

・多汗症が原因と考えられているが原因がはっきりしない
・手や足に水ぶくれができるのが特徴
・かゆみを伴った皮膚がぼろぼろに剥ける

 

○老化

 

・加齢で皮膚が厚く硬くなる
・病気ではないので、角質ケアで治る

 

これらの病気や症状は専門医でも見ただけでは区別ができない場合があります。
自己判断で区別するのは難しいので、皮膚科で検査を受けましょう。

 

私の父も老化でかかとががさがさになっているだけと思っていたのですが、たまたま皮膚科
で角化型足白癬を知り、顕微鏡検査をしたところ白癬菌が見つかりました。

 

薬を塗って1年くらいでかかとがきれいになり、うれしそうにしていました。
足裏は感覚が敏感なのできれいになると過ごしやすくなりますよ。

ラミシールの水虫への効果はどれくらいですか?

■ラミシールをはじめとする最近の水虫薬

ラミシールをはじめとする最近の水虫薬は、殺菌力がとても強いです。
それくらい強いのかを調査してみました。

 

その結果、プールに耳かき1杯分の量で水虫の原因となる白癬菌を殺菌する効果があるそう
です。

 

とても強力な効果がある上に、かぶれてしまう割合は100人に1人と言われています。
1日1回塗るだけで効果があるので、持続性も高いことが分かります。

 

こんなに効果が強いのに、かぶれることが少ない理由は、ラミシールの有効成分が植物性の
細胞膜にしか作用しないからです。

 

白癬菌はカビの一種なので、植物性の細胞膜で細胞が包まれています。
人の皮膚の細胞膜は動物性なので、ラミシールの有効成分が働かないのです。

 

植物性の細胞膜と動物性の細胞膜の違いを認識して作用するので、かぶれなどの副作用が
出ることが少ないのです。

 

ラミシールは水虫に塗ると、最初のうちは塗った部分の皮膚がはがれてしまいます。
しかし、1週間~10日程度で見た目もよくなります。

 

即効性があり、かぶれも少ないので、水虫治療に効果的といえますね。

 

ここまではラミシールの外用薬の効果です。
ラミシールの内服薬の効果は、どれくらいなのか調べてみました。

 

■ラミシール内服薬の効果は?

ラミシール内服薬の効果は、外用薬よりも強いです。
腸で成分が吸収されて白癬菌に届くので、外用薬よりも効きやすいのです。

 

ラミシールは、白癬菌をはじめとする菌類の細胞膜をつくるエルゴステロールと呼ばれる
物質を抑えます。

 

エルゴステロールは菌を集める役割があるので、抑えることで白癬菌が集まるのを防ぐこと
ができます。

 

この作用によって、ラミシールを使って水虫を治療すると菌が集まらなくなり、再発を
防げます。

 

日本臨床皮膚科医学会のデータによると、ラミシール内服薬で水虫を治療した125人のうち、
再発したのはたった21人です!

 

80%以上の人が水虫の再発がなく、完全に症状を治すことができたのです。

 

■効果が強い内服薬を使った方が早く治るとは限らない

白癬菌を殺菌する効果は、外用薬よりも内服薬の方が強いです。
しかし、内服薬を使った方が良いとは限りません。

 

効果的な薬の方が水虫が早く治ると誤解する人は少なくありませんが、大切なのはその人の
水虫の症状の度合いと薬の強さが一致していることです。

 

あまりひどくない水虫にラミシールの内服薬を使うと、殺菌効果が強すぎてかぶれてしまい
ます。

 

症状がひどくない水虫には、外用薬のラミシールの方があっているのです。

 

自分の水虫の症状をみて、軽い場合は薬局で外用薬を深刻な場合は皮膚科で内服薬を購入
しましょう!

 

私は水虫を市販薬で治療していますが、最初は自分の症状を考えずに強力な薬を選んで
いました。

 

今思えば、それが原因で水虫の症状が悪化していたのかもしれません。

 

最近、刺激のある成分が配合されていない市販薬を使い始めたところ、症状がどんどん
よくなってきています。

 

薬を選ぶときは効果の強さよりも自分に合っているかどうかで選びましょう。

 

ラミシール以外の市販薬には、どんなものがあるかを一覧にまとめたので、市販薬選びの
参考にしてみてください。

 

■水虫の市販薬一覧

水虫の市販薬には、さまざまな種類があります。
ここでは、9種類の市販薬を一覧にしました。

 

・第一三共 ピロエースZ
・久光製薬 ブテナロック
・興和製薬 フットガンコーワ
・大正製薬 ダマリン
・ロート製薬 エクシブ
・佐藤製薬 ラマストン
・武田薬品 スコルバEX
・ラク―ル薬品販売 メディータム
・中外医薬生産 テルバインEX液

 

これらの薬を使う前に、皮膚科を受診して水虫の症状の重さ、原因などをはっきりさせると
薬選びが楽になります。

 

ラミシールの効果は強いですが、中には水虫が悪化しすぎていて効果がない場合もあり
ます。

 

水虫の患部がじゅくじゅくしている場合は、塗り薬よりも飲み薬の方が向いています。
また、水疱ができている場合も潰す危険性がない飲み薬が良いでしょう。

 

そして、ラミシールを使っていて体調が悪くなった場合も皮膚科を受診してください。
また、薬で治療しながら白癬菌の感染ルートを遮断することも大切です。

 

温泉やプールなど、大勢の人が裸足で使う場所に行った日は、いつもよりも丁寧に足を洗う
ようにしてください。

 

女性の場合はネイルサロンで足のネイルや手入れをしてもらうことで、白癬菌に感染する
ことがあります。

 

感染を予防するには24時間以内に白癬菌を洗い流すことです。
丁寧に洗ってタオルを水分を念入りにふき取ることで、感染を防げます。

水虫は完治する?ラミシールで治ることはある?

■外用薬・ラミシールで水虫は完治する?

外用薬・ラミシールで水虫を治療した人の体験談をみてみると、完治したそうです。
表面的な症状は10日くらいで治ったので、即効性があります。

 

その人は皮膚科でラミシールクリームを1本処方してもらいました。
そして、水虫の表面的なかぶれやただれなどが10日間で治りました。

 

診察のときに先生に「症状が治まってもまだ塗り続けてください」と言われ、毎年3月に
水虫が発症するのですが、9月まで塗りました。

 

それから3年たった今でも水虫は再発していません。

 

外用薬は内用薬に比べて効果が出にくいといいますが、医師の指示通りに塗り続けることで
症状は改善するようです。

 

ラミシールで水虫を治すときに大切なのは、表面的な症状が治まっても塗り続けること。

 

水虫の原因である白癬菌は肌の角質層の奥にまで侵入しているので、塗り続けて殺菌する
必要があるのです。

 

ラミシールは外用薬のほかに内服薬もあります。
内服薬のラミシールでも、水虫は完治するのでしょうか?

 

■内服薬のラミシールで水虫は完治する?

内服薬のラミシールで、水虫が完治した人はいるのでしょうか?
内服薬のラミシールで水虫が治った人の体験談がないか調べました。

 

その結果、41年間治らなかった水虫が内服薬のラミシールで完治した人がいました!

 

その人は、大学を卒業するころに水虫になってしまったそうです。
それから41年間、さまざまな塗り薬を試してきたけれど、症状はよくならなかったといいます。

 

そして、水虫になって41年目のときに皮膚科へいき、内服薬のラミシールを処方してもらい
ました。

 

先生に「半年間は飲み続けてください」と言われたので、半年飲み続けて水虫がほとんど
治りました。

 

しかし、完全に治すためにもう一月延長してラミシールを飲み続けたのです。
それから2年が経ちましたが、41年間治らなかった水虫が再発したことはありません!

 

皮膚科で処方されたラミシールは「ラミシール錠 125mg」です。

 

このように、外用薬でも内服薬でも水虫が完治した人はいます。
ラミシールで水虫を完治するのは十分可能です。

 

しかし、外用薬も内服薬も半年以上使い続ける必要があります。
これは他の薬もそうなので、水虫治療には長い期間がかかります。

 

また、ラミシールは水虫以外にもカンジダ症にも効果的です。
ラミシールでカンジダ症が完治した人がいるか、引き続き調べてみました。

 

■ラミシールでカンジダ症は完治する?

水虫の場合は外用薬でも内服薬でも完治することが分かりました。
カンジダ症の場合は、どうなのか体験談を調べました。

 

ある人の体験談では、ラミシールATで2か月以上かかってカンジダを完治することができた
そうです。

 

その人は男性で1年くらい前にカンジダに感染しました。
ラミシールATを1日2回、患部に薄く塗って徐々に改善していきました。

 

2週間くらいで切れやすくなっていた皮膚が治り、1か月で水疱が小さくなりました。
そして、2か月以上かかってカンジダが完治したのです。

 

水虫薬のラミシールですが、患部に塗ってもしみなかったので続けやすかったです。
このように、ラミシールは水虫にもカンジダにも効果的なようです!

 

■ラミシールで水虫とカンジダを完治できる理由

ラミシールで水虫とカンジダを完治できるのは、効果が強い薬の種類だから。
アルリアミン系という一般的な市販薬よりも効果的な種類なのです。

 

アリルアミン系は、ラミシールしか一般的な市販薬がありません。
他の市販薬はイミダ―ル系という種類です。

 

アルリアミン系は、イミダ―ル系よりも抗真菌性が強いという特徴があります。
殺菌力が強いので、水虫もカンジダも完治するのです!

 

アルリアミン系と同じくらい効果的な薬の種類に、ベンジルアミン系という種類があり
ます。

 

ラミシールが効果がなかったら、ベンジルアミン系の薬を試してみてください。

 

私の友人にラミシールで水虫が治った男性がいるのですが、表面的な症状が治ったときに
塗るのをやめてしまい、翌年の夏に再発して、2回目の治療で完治しました。

 

どんなに効果のある薬でも根気強い塗り続けないと、完治は難しいです。

 

水虫の表面的な症状が治っている途中は塗るのが面倒に感じないものですが、皮膚がきれい
になるとどうしても面倒に感じるようになります。

 

しかし、そこで塗るのをさぼってしまうと今までの苦労が水の泡になります。
表面的な症状が治ったあとも最低でも半年は塗り続けてください。

 

塗るのをさぼりたくなったら、再発する危険性を考えましょう。
来年も同じ作業を繰り返すことになることを思えば、塗るのも面倒にならなくなります。