口コミを教えて!ブテナロックのスプレーの効果は?

■ブテナロックスプレーの口コミ

ブテナロックスプレーの口コミを探してみると、1件もありませんでした。
しかし、ある通販サイトで3件「非常に良い」という評価を受けていました。

 

ブテナロックは、スプレータイプのほかにクリームタイプ、液体タイプ、パウダー
タイプ、エアータイプがあります。

 

しかし、どの種類でも成分は同じでブテナフィン塩酸塩、ジブカイン塩酸塩、
クロルフェニラミンマレイン酸塩の3つが主な成分です。

 

成分が同じということは効果もほとんど同じということです。

 

そこで、スプレータイプに近い、エアータイプ、液体タイプの口コミを調べて
みましたが、口コミがありませんでした。

 

クリームタイプのブテナロックを使った人の口コミはあったので、紹介します。

 

その人は3か月前にブテナロックのクリームタイプを使い始めました。
症状のタイプは、指の間がジュクジュクする趾間型白癬でした。

 

ブテナロックを使い始めて2~3日後くらいから、かゆみがかなり和らぎました。
そして、少しづつ指の間が乾燥し始めたのです。

 

この時点で痒みが完全に消えていました。
指の間の肌が乾燥してくると、自然と皮が抜け始めます。

 

肌のターンオーバーのスピードが上がり、どんどん肌がきれいになっていきました。

 

今までは指の間にティッシュを挟んで靴下を履いていたのですが、それをしなくて
よくなったのです。

 

このように、ブテナロックはかゆみを伴うタイプの水虫に効果的です。

 

水虫の症状で一番つらいのはかゆみですので、そのかゆみが収まれば、水虫の悩みは
かなり軽くなりますね。

 

■指の間に水虫ができやすい理由

ブテナロックの口コミの趾間型白癬は、水虫の半数以上を占める症状です。
このタイプの水虫ができやすい理由を調べました。

 

まず白癬菌は足の指の裏側に床やスリッパ、バスマットからつきます。
そして、皮膚の表面についたままになると指の股に移動します。

 

とくに足の薬指と小指の股に移動しやすいです。

 

その理由は、足を洗うときに洗い忘れたり、きちんと洗えないことが多いからと
推測されます。

 

白癬菌に長く感染すると、患部がふやけて白くなります。
少しづつ皮膚がむけはじめ、ふやけた部分が広がって2つの症状に分かれます。

 

・皮膚がカサカサになる乾燥型
・水疱やただれができる湿潤型

 

ジュクジュクになるタイプは湿潤型です。
私もこのタイプなので、かゆみが強くつらいのがよくわかります。

 

趾間型白癬は、普段から圧死の指の間、とくに薬指と小指の間を丁寧に洗うように
することで予防できます。

 

指の間を洗うときはナイロンタオルなどでごしごし洗わずに、指で優しく丁寧に
洗ってください。

 

■口コミが少ない市販薬は買っても大丈夫?

市販薬を買う前に口コミでどれくらい効果がるのかチェックしたいですよね?
しかし、口コミが少ない場合は、買わない方がいいのでしょうか?

 

水虫薬の効果は個人差があり、ある人に劇的な効果があっても、他の人にはまったく
効果がないことが珍しくありません。

 

また、効果があると評判の水虫薬でも、水虫の症状が悪化してしまう人もいます。
ですので、口コミが少ないからと言って買うのをやめる必要はありません。

 

直感で選んで使ってみて、自分の症状がどう変化するのかを観察しましょう。
水虫の薬は、実際に使ってみないと効果があるかどうかわからないのです。

 

ブテナロックは口コミが少ないですが、かゆみ止めの成分が多く配合されています。
かゆみが強い水虫の人向けなので、かゆみがない人は他の薬がよいと考えます。

 

また、かゆみがあってもブテナロックを使わない方が良い場合はあります。

 

■ブテナロックは使わない方が良いのは趾間型白癬がひどい場合

趾間型白癬はかゆみがつよい水虫ですが、かゆいときにはブテナロックは使わない
でください。余計かゆみを悪化させてしまうからです。

 

足白癬が痒い時は、白癬菌が皮膚についてまだ日が浅いときです。

 

このタイミングの皮膚は白癬菌を体の外に追い出すために、炎症を起こして戦って
います。

 

白癬菌を追い出すために白血球が戦っている間は、刺激に敏感で、どんな刺激にも
炎症反応を起こしてしまいます。

 

ブテナロックの刺激にも炎症を起こしてしまうので、症状が悪化してしまいます。

 

かゆみがひどいときは市販薬を使わずに、丁寧に患部を洗ってケアしてください。

 

どうしても、かゆいときは足の指を回してマッサージしたり、足の裏をマッサージしたり
して、気をそらしましょう。

 

こうしたマッサージすることで血行が良くなり、治りが早くなります。
また、趣味に没頭したり、読書したりして気をそらすのも効果的です。

 

水虫の治療は、市販薬を使うこととこうしたほかの方法を組み合わせることで
効果が早く出るようになりますよ。

副作用はある?水虫薬・ブテナロックは安全ですか?

■ブテナロックはどの種類でも副作用は同じ

ブテナロックは人気の水虫薬ですが副作用があります。
ブテナロックには、いくつかの種類があるのですが、副作用は同じです。

 

ブテナロックシリーズの商品のそれぞれの副作用を調べてみました。

 

○ブテナロックVaの副作用

 

皮膚の発疹、発赤、かゆみ、かぶれ、はれ、刺激感、ただれ、水庖、亀裂、落屑

 

○ブテナロックVの副作用

 

発疹、発赤、かゆみ、かぶれ、はれ、刺激感、落屑、ただれ、水庖、亀裂

 

このように、スプレータイプ、液体タイプ、クリームタイプなどがありますが、副作用に
違いはありません。

 

ただ、水虫の症状によって副作用が出やすくなったり、効果が出にくくなったり
するので症状に合っているタイプを選びましょう!

 

スプレータイプ、液体タイプ、クリームタイプ、それぞれに合っている水虫の症状
を調べてみました。

 

■ブテナロックのタイプごとの効果的な水虫の症状

ブテナロックのタイプによって、効果的な水虫の症状は違います。
タイプごとに違う、効果的な水虫の症状は以下の通りです。

 

○スプレータイプが向いている水虫の症状

 

広範囲に一気につけることができるので、足裏全体など範囲が広い水虫に向いてい
ます。

 

○液体タイプが向いている水虫の症状

 

痒みがあり、症状があまり深刻ではない水虫に向いています。

 

○クリームタイプが向いている水虫

 

乾燥している水虫や症状が悪化して、かぶれやただれがひどい水虫に向いています。

 

このように、タイプごとに効果が出やすい水虫の症状は違うのです。
しかし、水虫薬で副作用が出る原因は同じです。

 

水虫は白癬菌という菌に感染して起こるのですが、この白癬菌が感染して長くたって
いると、皮膚が刺激に敏感になっています。

 

白癬菌に感染した皮膚は、異物である白癬菌を追い出すために免疫機能を働かせます。

 

免疫機能が働くと白血球が異物を追い出すために炎症を起こしたり、水庖を作ったり
します。

 

これが水虫の症状なのですが、白癬菌に感染している期間が長いと水虫薬の刺激にも
同じような反応を起こしてしまいます。

 

これが原因で水虫薬で水虫の症状が悪化して、副作用が出る原因です!

 

症状が悪化している水虫には、皮膚への刺激が少ないクリームタイプが安心です。

 

逆に液体タイプはアルコールを含んでいることが多いので、刺激が強く悪化する原因
となります。

 

ただ、症状が軽くかゆみがある場合はアルコールが含まれている液体タイプが効果的
です。

 

かゆみを素早く沈めてくれるので炎症が収まり、水虫の治りが早くなります。

 

私は水虫になってかなりの期間が経ち、指の間がじゅくじゅくになっています。
最初は浸透力がありそうだったので、液体タイプを使っていました。

 

液体タイプの薬をつけるたびに、しばらく動けなくなるくらいにしみましたが、
それが効いている証拠だと思ってしばらく使い続けていました。

 

しかし、あるときドラッグストアにいつもの水虫薬を買いに行ったら、たまたま液体
タイプがなかったので、同じ商品のクリームタイプを購入しました。

 

つけてみると、まったくしみなかったので「これで本当に効くのかな?」と思って
いましたが、1週間くらいでジュクジュクがなったのです!

 

「しみる薬=効く薬」だとばかり思っていたので、とても驚きました。
水虫薬は使ってみて、刺激がないものを使い続けましょう。

 

■ブテナロックの主成分

ブテナロックに使われている主成分は、ブテナフィン塩酸塩です。
この成分には、白癬菌の生合成を抑える働きがあります。

 

白癬菌をはじめとする真菌は、カビの一種です。
ですので、成長し感染する範囲を広げてしまう可能性があります。

 

ブテナフィン塩酸塩はそれを阻害するので、水虫に効果を発揮します。
そして、副作用が少なく、安全性が高い成分です。

 

■ブテナロックの足洗ソープには副作用がある?

ブテナロックは水虫薬だけではなく、足洗ソープもあります。
足洗ソープには、副作用がないのか調べました。

 

足洗ソープは薬ではなく、石鹸なので副作用はありませんでした。
しかし、かぶれやただれがあるときは悪化の原因になるので使わないようにしま
しょう。

 

使えない理由は、清涼感を出すためにメントールが配合されているからです。

 

水虫の原因の白癬菌は普通の石鹸でも十分洗い流すことができます。
普通の石鹸の方が安いので、ブテナロックの足洗ソープを買う必要はありません。

 

また、普通の石鹸ならかぶれやただれがあっても使うことができます。
清涼感はありませんが、刺激がない分症状が悪化しないのです。

 

副作用を起こさないためにもブテナロックとブテナロック足洗ソープは一緒に
使わないようにしてください!