ダマリンは手の水虫にも効果的ですか?

■ダマリンは手の水虫にも効果がある

足に水虫ができるように手にも水虫ができます。
手の水虫の原因も白癬菌なので、ダマリンが効果的です。

 

調べてみると、手の水虫はほとんどが手のひらから始まります。
手のひらに炎症やかぶれが出て、皮膚が厚くなってむけます。

 

足の水虫のように指の間がじゅくじゅくして蒸れたり、水疱ができることはほとんどありま
せん。

 

また、両手にできることも少ないです。
肌荒れや乾燥肌と違うところは、ここですね。

 

手の水虫は、足の水虫でいうところの角化型白癬に近い症状が出ます。

 

足の水虫の場合、原因は白癬菌は紅色菌と趾間菌が半々です。
しかし、手の水虫の場合はほとんどが紅色菌が原因です。

 

紅色菌は抗真菌剤が効きにくいので、ダマリンでは治りづらいことがあります。
効果がありますが、完治は飲み薬じゃないと難しいかもしれません。

 

また、手の水虫の原因である紅色菌は、足の水虫から来ていることが多いです。
つまり、手の水虫がある人は足にも水虫があるのです。

 

■足の水虫を治さないと手の水虫は治らない?

足の水虫は、薬を塗るとき、かゆくなったときなど触る機会が多いです。
そのたびに手を洗えばいいのですが、洗わないで放置してしまう場合があります。

 

こうした場合に手の水虫になりやすいのです。

 

また、本人に足の水虫がなくても同居している家族に水虫がある場合、手の水虫になり
やすいです。

 

手の水虫の治療方法は、ダマリンのような市販薬で治療する方法のほかに、皮膚科で治療
する方法があります。

 

皮膚科で治療する場合、面倒に思うかもしれませんが、1か月分の薬をまとめてもらうように
すれば月1のペースで通うだけで治療を続けられます。

 

診察するときに足や手を医師に見せる必要がありますが、一度見せてしまえば恥ずかしい
と思うこともありません。

 

手の水虫を正しく治療するには、医師の診察が必要です。
「恥ずかしいから」という理由で皮膚科に行かないと治るのが遅くなります。

 

私の母が数年前に、手の水虫になったことがあります。
原因は、当時同居していた私の足の水虫でした。

 

母は最初、「手の肌ががさがさになった」と言っていました。
それがだんだん悪化していき、手のひら全体の皮膚がぼろぼろに剥けるようになったのです。

 

最初は乾燥肌だと思い、ドラッグストアでアロエ軟膏を買って塗っていました。
しかし、悪化する一方なので皮膚科へ行くと手の水虫と診察されたのです。

 

そこで処方薬を渡され使っていましたが、薬が切れたのでダマリンを使っていました。
塗り始めて2週間くらいたったときに皮膚がきれいになり、不快感もなくなりました。

 

■手の水虫がある人は体の他の部分にも水虫がある可能性が大

手の水虫は足の水虫が感染の原因です。
手に感染している場合、体の他の部分にも感染している可能性があります。

 

体に出来る水虫をタムシといいます。
体に出来たタムシは、体中どこにでも飛び火する可能性があります。

 

タムシの症状は円状に炎症ができ、それがどんどん広がっていきます。
見た目には痛々しいのですが、足や他の水虫よりも早く治る傾向にあります。

 

タムシはつよいかゆみが特徴で、水疱が出来たり、できものが出来たりします。

 

治療にはダマリンのような水虫薬を使います。
全身をチェックして、炎症があったらダマリンをつけて治療しましょう!

 

■手の水虫の改善方法

ダマリンや処方薬をつける以外にも、手の水虫を改善する方法はあります。
ここからは、薬以外の改善法を紹介します。

 

手の水虫の改善するのに一番基本的な方法は、丁寧に手を洗うことです。

 

手は毎日、さまざまなものを触ります。

 

白癬菌や他の雑菌がついているものに触れることもあるので、手洗いは正しい方法でこまめに
行いましょう。

 

○正しい手の洗い方

 

1 指粟屋時計などをはずす
2 流水で手を洗う
3 せっけんをつけてしっかり泡立てる
4 手のひら、手の甲をこすり指の間は両手を組むように洗う
5 親指は反対の手でねじるようにして洗う
6 指先、爪の間はてのひらの上で指先をこするように洗う
7 手首は反対の手でねじるようにして洗う
8 流水で石鹸と汚れを十分に洗い流す
9 清潔な乾いたタオルで手を洗う

 

正しく手を洗えば手についた白癬菌を洗い流すことができます。

 

足の水虫は清潔にすることで治りやすくなります。
手の水虫も同じで清潔にすれば治りやすくなるのです。

 

手は足よりも洗いやすいので、手の汚れが気になったらすぐに洗ってください!

 

また、手に塗るならダマリンはクリームタイプが良いです。
皮膚がガサガサになるのを抑える効果があるからです。

水疱の水虫にダマリンは効果がありますか?

■水疱の水虫にはダマリンが効果的

足の裏全体や土踏まずに水疱ができるタイプの水虫に、ダマリンは効果的です。
この理由は強いかゆみ止めの成分が入っているからです。

 

水疱ができるタイプの水虫は、強いかゆみがあります。
このかゆみのせいで、掻きむしって水疱をつぶしてしまう人が少なくありません。

 

ダマリンに配合されている3種類のかゆみ止めは、どれも効果が強いです。
水疱タイプの強いかゆみに良く効きます。

 

水疱タイプは、症状が悪化して足の甲にまで水疱が広がってしまう可能性があります。
そうなる前にかゆみを抑えるダマリンをつけて、かきむしらないようにしましょう!

 

水疱タイプの水虫に効果を発揮するのは、液タイプの浸透力のあるダマリンです。
エタノールを配合していて、清涼感のあるつけ心地で、不快な症状を改善してくれます。

 

水疱タイプの水虫ができる場所は、足の中でも感覚が鋭いところです。
足裏は多くの神経や毛細血管が通っています。

 

ですので、足裏に異常が起こるととても不快に感じるのです。
この不快感を解消するのにダマリンのスプレータイプが向いています。

 

■水疱がつぶれてしまったときは?

水疱は潰さない方がいいのですが、足裏なのでつぶれやすいです。
もし、つぶれてしまったら、どうやって対処すればいいのか調べました。

 

水疱の中には、ネバネバしている白癬菌を含んでいる液体が入っています。
水疱がつぶれていることに気が付いたら、24時間以内にその液体を流水で流してください。

 

そして、水疱をさらにつぶさないように優しく抑えるようにタオルで拭きましょう。
消毒液で消毒したり、水虫薬を塗る必要はありません。

 

また、水疱がつぶれたところにガーゼを貼っておきましょう!
こうすることで雑菌が入ったり、液体が他の部分について水虫が広がるのを抑えます。

 

また、広範囲に水疱ができている場合は、液タイプよりもスプレータイプがつけやすい
です。

 

一度に広範囲に、薬をつけることができるからです。

 

また、ダマリンをつけてから症状が悪化するようになった場合は、他の病気の可能性が
あります。

 

■足の甲に水疱ができる病気とは?

水虫で水疱ができるのは、足裏や土踏まずです。
しかし、足の甲にまで水疱ができてしまった場合は、水虫以外の病気の可能性があります。

 

まず、足裏全体に水疱ができたのに放置していて、同じような大きさの水疱が足の甲に
出来た場合は、水虫が原因です。

 

しかし、足裏の水疱を治療していたのに足の甲に水疱が出来た場合は、薬でかぶれたことが
原因です。

 

一度、皮膚科を受診してかぶれない薬を処方してもらいましょう。
ダマリンは刺激が強いので、かぶれやすいというデメリットがあります。

 

薬が原因の水疱は薬を使うのをやめればなくなります。
しかし、薬が原因だと知らずに塗り続けてしまうとどんどん悪化してしまいます。

 

水疱の大きさや数、範囲を薬を塗るたびにチェックしてください。
また、薬は正しい回数つけないとかぶれの原因になるので注意しましょう。

 

私は現在、45歳で長い間水虫が続いています。
私の場合は水疱ができないのですが、指の間に強いかゆみを感じることがあります。

 

以前は、かゆくなったときにかゆみ止め感覚で薬をつけていました。
しかし、それが原因で薬をつけすぎてしまい、症状が悪化したのです。

 

最近は、薬は1日1回しかつけないようにしています。
強いかゆみが出たら、氷などで患部を冷やしてかゆみをごまかしています。

 

水疱をつぶらないためにも、こうしたかゆみ止めの方法をいくつも用意しておきましょう。

 

■水虫の強いかゆみを止める方法

水虫のかゆみを止める方法は、冷やす以外にもあります。
お風呂でできるかゆみ止めの方法を覚えておくと便利ですよ!

 

○洗面器を使った方法

 

・洗面器に深さ3~4cmの水を張る
・熱湯を注いで50℃くらいにする
・適温になったら両足を2~4秒つける
・お湯から足を出す

 

これを3~4回繰り返してください。

 

○お風呂やシャワーで時間をかけずにできる方法

 

・湯船やシャワーの水温を下げる

 

お風呂やシャワーを浴びて体が温まって血行が良くなるとかゆみが強くなります。
湯船やシャワーの温度を下げることで、温まりすぎず、かゆみが弱くなりますよ。

 

水疱がある水虫は、水虫の症状の中でもとくにかゆみが強いです。
かゆみ対策をしっかりとることで、水疱は治りやすくなります。

 

ダマリンのスプレータイプはパウダーが入っているので乾燥しますが、水疱の中の液まで
乾燥させる効果はありません。

 

ダマリンの液タイプで成分を水疱の中にまで、しみこませた方が効果的ですよ。

効果は水虫だけじゃない?ダマリンは爪水虫にも効く?

■爪水虫は基本的に皮膚科の薬でないと治らない

爪水虫は足の皮膚にできる水虫を放置していることで、発症します。
基本的に皮膚科の薬でないと治らないのでダマリンで治療するのは難しいでしょう。

 

ダマリンで爪水虫を治療した人の体験談を探してみても、見つかりませんでした。

 

また、「ダマリンでは爪水虫が治らない」という意見があったので、ダマリンで治療して
いる人は少ないことが推測できます。

 

ダマリンは、皮膚の水虫に使うことを想定して作られている薬です。
爪水虫の患部には成分が浸透しにくいので、効果が弱いです。

 

しかし、「ダマリンの液タイプを爪に垂らしていたら症状が良くなった」という口コミが
ありましたので、まったく効果がないわけではありません。

 

爪水虫も水虫と同じように白癬菌が原因です。
白癬菌に効果がある抗真菌剤のダマリンは、少しですが作用するのです。

 

爪は皮膚と同じケラチンというタンパク質でできています。
そのケラチンを食べる白癬菌が爪の下の皮膚にまで繁殖すると、爪水虫になるのです。

 

ケラチンはとても硬い物質なので、白癬菌以外の真菌は食べることができません。

 

しかし、白癬菌はケラチンを分解する成分を持っているので、ケラチンを食べることが
できるのです。

 

白癬菌は一度感染すると、あっという間に繁殖します。
繁殖しやすいので、ダマリンで少しづつ治しても治療が追いつかないことが考えられます。

 

ダマリン以外の市販薬が有効です。
また、爪水虫ではダマリンの持ち味である清涼感が生かされません。

 

■爪水虫ではダマリンの清涼感が効果なし?

爪水虫は皮膚にできる水虫と違ってかゆみがありません。
ダマリンの持ち味である清涼感が台無しになってしまいます。

 

ダマリンを使ったことがある人の体験談によると、初めてダマリンを使ったときはスーッと
する使い心地に驚いたそうです。

 

塗った瞬間に水虫で不快になっていた患部がすっきりして、かゆみが収まったのです。
そして、使っているうちに皮膚がキレイになっていきました。

 

ただ、爪水虫はかゆみや痛みがありませんし、皮膚の水虫と違い入れ替わるのに時間が
かかります。

 

一度ボロボロになった爪がキレイになることはありません。
新しく生えてくる爪をキレイにするしかないので、半年以上かかってしまいます。

 

ダマリンは水虫のかゆみを止める作用が強い薬です。
爪水虫はかゆみがないので、ダマリン以外の薬が良いと考えます。

 

では、爪水虫に効果的な市販薬はどれか調べてみました。

 

■爪水虫に効果的な市販薬

爪水虫に効果的な市販薬を探してみると、ホロスリンという薬がありました。
ホロスリンという薬には、爪水虫に有効な成分が入っています。

 

ホロトキシンという殺菌成分は、白癬菌にだけ強力な効果がある成分です。

 

そして、サリチル酸という成分は、抗炎症、抗菌、殺菌作用があります。
また、角質を溶解して、軟化する働きがあります。

 

爪も皮膚の角質と同じ性質なので、サリチル酸で溶かされて殺菌成分が浸透しやすくなり
ます。

 

爪水虫は爪がどんどん厚く硬くなってしまうので、この溶解・軟化作用は重要です。

 

ダマリンにはサリチル酸が配合されていないので、硬くなった爪を柔らかくする作用はあり
ません。

 

これが爪水虫が治りにくい原因なのです。
爪水虫を市販薬で治すならサリチル酸が配合されている薬を使いましょう!

 

■爪水虫は爪をはがして治すと早く治る?

爪水虫になると爪の感覚がなくなり、普段では切れないくらい短く切れてしまいます。
爪をはがすことも痛みがなくできるので、爪をはがして治す方法があります。

 

この方法は、爪の下の皮膚に直接水虫薬を塗ることができるので、効果的です。

 

しかし、普段表面に出ていない部分の皮膚が出ているので雑菌がついたり、傷がついたり
して、水虫の症状が悪化してしまう可能性があります。

 

また、爪をはがした部分にばんそうこうを貼って隠す人が多いのですが、こまめにばんそう
こうを変えないと不衛生になります。

 

足を濡らした後にばんそうこうを変えないでいると湿気が溜まり、菌が繁殖する原因になる
ので、常にばんそうこうを持ち歩いてこまめに替える必要があります。

 

このことを考えると爪ははがさないで新しいきれいな爪に生え変わるのを待った方がよい
でしょう。

 

また、女性の場合はぼろぼろになった爪を隠したがる傾向にあります。
しかし、そのためにペティキュアを塗ると、症状が悪化してしまうのでやめましょう。

 

サンダルを履かない、極力素足にならない、温泉やプールなどにはいかないなど、
対策を打ってください。

 

爪水虫の治療は、水虫の治療と同じで時間がかかります。
毎日薬を塗り続けるのは大変ですが、根気強く続けていきましょう!

水虫にダマリンは効かない?副作用とかはあるの?

■水虫にダマリンは効かない?

水虫にダマリンは効かないという噂がありますが、本当でしょうか?
ダマリンが水虫にどれくらい効くのかを調べました。

 

その結果、ダマリンが効かないという人はダマリンに配合されている強いかゆみ止め成分が
原因であることが分かりました。

 

強いかゆみ止め成分は皮膚にとって刺激になります。
刺激を受けると皮膚は炎症を起こしたり、かゆみがつよくなったりするのです。

 

その結果、ダマリンを塗る前よりも水虫の症状が悪化してしまうのです。

 

症状が悪化する原因となるかゆみ止め成分は、3種類あります。
ここからはその3種類のかゆみ止めについて、説明していきます。

 

まず、一つ目のかゆみ止め成分はリドカインです。

 

リドカインには、ほとんど副作用がありません。
たまに出る副作用はほてり、血管の拡張作用が原因の動機、血圧低下が原因のめまい。

 

しかし、どの症状も足に少量しか塗らない水虫治療では出にくいです。

 

二つ目のグリチルリチン酸二カリウムは、化粧品にも使われている成分です。
副作用の心配はありません。

 

美白効果も認められるので、危険性は低いです。

 

三つ目のかゆみ止めの成分は、l-メントール。
発赤、熱感などの副作用があります。

 

ダマリンに配合されているかゆみ止め成分には、強い副作用がありません。
しかし、皮膚に作用すること自体が刺激となり、症状を悪化させるのです。

 

この刺激はつけているうちに収まっている場合もあれば、悪化し続ける場合もあります。
1週間くらい様子を見ながらダマリンをつけて、悪化したら別の薬に変えましょう!

 

■ダマリンの添加物が原因で効かないことがある

ダマリンには他の薬と同じように添加物が入っています。
この添加物が原因で水虫に効かない場合があります。

 

ダマリンに含まれている添加物は、主に以下の3つです。

 

・ソルビタンセスキオレイン酸エステル
・ミリスチン酸オクチルドデシル
・エタノール

 

主な3つの添加物の中でエタノールは皮膚に刺激を与えます。

 

エタノールが入っている塗り薬は清涼感があり、消毒作用もありますが、刺激が強いので
水虫で皮膚が弱っているところにはつけない方がいいです。

 

ダマリンのスプレータイプにはエタノールが配合されているので、スプレータイプを使う
際は短期間集中的に使いましょう。

 

そして、ダマリンの他のシリーズにもエタノールは配合されています。
以下の商品には注意してください。

 

・ダマリングランデX液
・ダマリンL液
・ダマリングランデパウダースプレー
・ダマリングランデアイススプレー
・ダマリンパウダースプレーDX

 

また、以下の商品にはエタノールが配合されていません。
皮膚の炎症がひどいところにも安心して使えます。

 

・ダマリングランデX
・ダマリンL

 

■効かない場合は湿疹の可能性がある

ダマリンが効かない理由は主に2つあります。
水虫だけど相性が悪い場合と、そもそも水虫ではない場合です。

 

水虫だけど相性が悪いという場合は、他の薬を塗ることで改善されます。
しかし、そもそも水虫ではない場合は、なんの病気かを調べる必要があります。

 

水虫に似た症状があるのは、湿疹です。
皮膚科へ行って水虫か湿疹か診断してもらいましょう!

 

湿疹は皮膚の表面にある水分の層がうすくなってしまい、外部からの刺激に弱くなっている
ことが原因で起こります。

 

皮膚表面の水分の層はバリア機能の役割をします。

 

このバリア機能が弱くなっていると外部からの刺激を受けやすくなり、湿疹や炎症を引き
起こすことになります。

 

湿疹の原因はほこりやハウスダストが皮膚につくことです。

 

一方、水虫の場合は皮膚のバリア機能が弱っているときに、白癬菌が皮膚について繁殖する
ことで起こります。

 

つまり、湿疹と水虫は皮膚に刺激を与えるものが違うだけで、刺激を受ける原因がバリア
機能の低下であることは変わらないのです。

 

ダマリンが効かない場合は、刺激の少ないクリームで肌を保湿すると症状が治ります。
水虫は保湿だけではなく殺菌も必要なので、保湿クリームでは治りません。

 

■水虫かどうかを調べるための検査を受けよう

水虫かどうかがはっきりしない場合は、皮膚科で検査を受けてください。
カセイカリ鏡検法という方法がよく用いられます。

 

カセイカリ鏡検法とは、はがした皮膚の小片に20%くらいのカセイカリ液をかけて行い
ます。

 

角層をとかしたあとに顕微鏡でその中のカビを見つけたら、水虫と判断されます。
カセイカリ鏡検法は早ければ5分、長くても30分以内に終わります。

 

費用もかからないのでぜひ、皮膚科で検査を受けてみてください。

水虫を治す効果は?ダマリンの口コミはどうですか?

■ダマリンの口コミ

ダマリンは、通販サイトでもドラッグストアでもよく取り扱っています。
どれくらい効果があるのか、口コミを調べてみました。

 

・塗った感じがべとべとしないし、よく効いていると思う
・クリームが効きそうだと思う
・すぐに痒みが収まった!使い方も簡単!
・3本で完治?したけど、予備で1本とっておこうと思う
・皮膚がキレイになったので続けようと思う

 

このようにダマリンを塗って水虫が良くなった人が多かったです。

 

とくに3本で完治と思われる状態になったという口コミをもとに考えてみると、1本15gが3本
で完治したので、合計で45gのダマリンを塗ったことになります。

 

1日で1gつけたとして、1か月半で完治したと思うほどよくなるのは効果が出るのが早いです。
他の市販薬の中には、効果が出るまで2か月かかるものがあります。

 

また、すぐに痒みが収まったということは、それだけ強いかゆみ止めの成分を配合している
ということです。

 

様子を見ながら使わないと、水虫の症状がかえって悪化してしまう可能性があります。
くれぐれも注意をしましょう!

 

■ダマリンの成分とは?

水虫に即効性のあるダマリンは、どんな成分でできているのでしょうか?
成分別の効果について調べてみました。

 

○テルビナフィン塩酸塩 白癬菌は殺菌する
○リドカイン 患部の痒みや痛みを一時的に鎮める
○グリチルリチン酸ジカリウム 患部の炎症を改善する
○l-メントール 清涼感を与え、炎症を抑える

 

これらの成分が水虫のかぶれや炎症とかゆみを抑えます。

 

テルビナフィン塩酸塩は、白癬菌の感染を抑える効果がある成分。
水虫以外では皮膚カンジダ症の治療に使われます。

 

ダマリンにはクリームタイプをはじめとするさまざまな種類がありますが、どれも有効成分
は同じです。

 

炎症を抑え、かゆみを抑えるのでかゆみが強い水虫に良く効きます。
かゆみがない水虫の場合は、かゆみ止め成分が配合されていないものを選びましょう。

 

■ダマリンのスプレータイプで趾間型足白癬を完治した人の体験談

ダマリンのスプレータイプはパウダーが出るので、患部を乾燥することができます。
ある人の体験談によると、指の間に出来る水虫をこのスプレータイプで治したそうです。

 

あの人は指の間がじゅくじゅくになる水虫・趾間型足白癬になりました。

 

水虫にはクリームタイプが一番いいと効いていたので、ダマリンのクリームタイプを毎日
欠かさず塗っていたのです。

 

しかし、3か月以上塗り続けても効果が出なかったので、友人に相談したところ、
「ダマリンのスプレータイプがいいみたいだよ」と教えてもらえました。

 

さっそくスプレータイプを使ってみたところ、指の間のジュクジュクがパウダーで乾燥して
かゆみが止まったのです。

 

そして、すぐにじゅくじゅくしなくなり、指の間の皮膚がきれいになりました。
その後、クリームタイプに切り替えて半年ほどで完治しました!

 

ダマリンのスプレータイプとクリームタイプを組み合わせて使うことで、治療をスムーズに
進めることができます。

 

私も指の間がジュクジュクになる趾間型足白癬だったのですが、スプレータイプで表面の
症状を完治しています。

 

指の間がサラサラになり不快感がなくなるので気に入っていますが、爪にまで到達した
水虫を治す効果はないようです。

 

水虫の症状に長年苦しんでいる人は趾間型足白癬だけではなく、爪白癬や角化型白癬などの
症状にもなっています。

 

複数の症状を治療できるのは、クリームタイプです。
指の間をスプレーで重点的に治したら、クリームでじっくり完治するようにしてください。

 

■ダマリンで水虫が治らなかったら?

ダマリンを使っても水虫が治らなかったら、どうすればいいのでしょうか?
まず、本当に治療法があっているかどうかを考えましょう。

 

ダマリンを使っても効果がなかった場合、水虫の治療法が間違っている可能性があります。
自己判断で水虫を完治するのは難しいので、皮膚科医に相談をしてください。

 

間違った方法を続けていると水虫が治らないだけではなく、治らないことでストレスを
抱えるようになります。

 

また、裸足で過ごすことを避けるようになり、海やプール、温泉などに消極的になります。
人付き合いやリフレッシュの妨げになることも考えられます。

 

皮膚科医の診察を受けて、速めに治療を始めてください。
水虫の思わぬ弊害を招かないためにも、正しい診断を受けましょう。

 

水虫は長期間、こつこつ治療を続けないと完全に治りません。

 

正しいかどうかわからないまま、治療を続けるのはつらいので、正しいことをはっきり
させてから、水虫の治療を始めてください。