発疹が出たのは爪水虫の薬の副作用?薬を変えた方がいい?

■爪水虫の薬で発疹が出る原因

爪水虫の薬を使っていると水虫の症状が変わってきます。
いい方向に変わるだけではなく、心配な方向に変わることもあります。

 

例えば、爪水虫の薬を塗り始めてから爪の周りの皮膚に発疹が出た場合。
薬の副作用?と不安になりますよね?

 

そこで、薬を塗ったら出てくる発疹の原因を調べてみました。

 

○発疹の原因1 「副作用」

 

薬には作用と副作用があります。
爪水虫の薬の成分が強すぎて合わなかった場合、発疹が出てしまうのです。
薬を変えれば、発疹は治っていきます。

 

○発疹の原因2 「好転反応」

 

薬の効果が出始めたときに、体の不調が出ることを好転反応といいます。
爪水虫の場合は、白癬菌が薬の成分によって角質の中に言われなくなります。

 

角質層の深いところにいた白癬菌が角質層の浅い所へ避難してきたときに
発疹が出ることがあります。

 

このように、爪水虫の薬を使い始めてすぐに発疹が出たら、副作用と好転反応、
2つの可能性があります。

 

発疹が出てもしばらく薬を塗り続けてみて、症状が治まるのを待ちましょう。

 

■発疹が出たら副作用の可能性が高い薬

爪水虫の薬の中には、発疹が出たら副作用の可能性が高いものがあります。
そういった薬は、発疹がでたらすぐに使うのをやめましょう。

 

発疹が出たら副作用の可能性が高いのは、かゆみ止め成分を使っている薬です。
例えば、「ブテナロックVaクリーム」があります。

 

「ブテナロックVaクリーム」には、以下のようなかゆみ止め成分が使われています。

 

・i-メントール かゆみを抑える
・クロタミトン かゆみを抑える
・ジブカイン塩酸塩 かゆみの伝達を止める
・クロルフェニラミンマレイン酸塩 かゆみや炎症を抑える

 

このようにかゆみ止めの成分が4つも使われています。
これはかなり皮膚に負担をかかってしまいます。

 

これらの成分は皮膚にどんな副作用を引き起こすのか、調べてみました。

 

・i-メントール 副作用はとくにない
・クロタミトン 皮膚の刺激感、ヒリヒリ感、接触性皮膚炎、発疹、湿疹など
・ジプカイン塩酸塩 アナフラキシーショック
・クロルフェニラミンマレイン酸塩 じんましん、全身が赤くなるなど

 

アナフラキシーショックはほとんどの人に起こさない症状ですが、とても危険な症状です。
また、他の成分の副作用も皮膚にかなり負担をかけるものです。

 

かゆみ止め成分には、こうした危険性があるので、かゆみ止め成分を使っていない
薬を選びましょう。

 

■かゆみ止め成分を使っていない薬

爪水虫の薬でかゆみ止め成分を使っていない薬は、いくつか種類があります。
安全性が高いので、女性や子どもの水虫にも使えますよ。

 

・ノバルティスファーマ ラミシール
・ロ―ト製薬 エクシブ
・奥田製薬 グスタフXクリーム

 

これらの薬にはかゆみ止めが使われていません。
また、ラミシールとロート製薬には尿素が配合されています。

 

尿素はハンドクリームによく使われている成分で、角質を柔らかくする効果が
あります。

 

角質を柔らかくすることで、薬の成分を浸透しやすくしますし、爪がかけたり、
ボロボロになるのを抑える効果があります。

 

私は爪水虫で爪がボロボロです。
かなり進行しているので、爪の感覚もなくなってきています。

 

爪がこれ以上汚くならないように尿素入りのハンドクリームをよく足に塗っています。
ハンドクリームを塗るようになってから、爪や皮膚がボロボロになるのが減りました。

 

また、匂いも和らいだような気がします。

 

尿素には皮膚の状態を健康にする作用があるので、皮膚の表面に繁殖していた雑菌が
減ったのでしょう。

 

尿素入りの爪水虫薬は、肌に優しいだけではなく、症状の悪化を止めてくれますよ!

 

■尿素は好転反応を早く終わらせるのにも効果的

薬が効いてきて、発疹が出る好転反応が起こっているときにも尿素が役立ちます。
尿素には、好転反応を早く終わらせる効果があるのです。

 

爪水虫の好転反応は、白癬菌が角質層のいちばん深いところから浅い所へ移動して
起こる症状です。

 

もう少しで皮膚の外に出ていくという段階。
この段階は皮膚が健康だと、早く終わります。

 

そこで尿素入りのクリームを塗って、皮膚の表面に水分の層を作りましょう。
水分の層を作ることで発疹になっている患部を外部の刺激から守れるのです。

 

そして、早く発疹を治せます。
好転反応が終わればあとは治っていくだけなので、苦しい症状はありません。

 

薬の塗り始めの一番苦しい症状を、尿素がはやく治してくれます。
尿素入りの薬を使って、尿素入りのクリームで保湿すれば爪水虫の治りが早くなりますよ!

薬を飲めない場合は爪水虫の治療をあきらめるしかない?

■爪水虫は塗り薬でも治せる

爪水虫は足の皮膚に出来た水虫が爪にまで繁殖してしまう症状です。
爪水虫の治療には基本的に飲み薬を使いますが、塗り薬でも治すことができます。

 

爪は硬い爪甲という部分が表面に脂の層があるので、塗り薬を塗っても浸透しません。
薬が爪甲のしたの爪母にまで浸透しないと、水虫が治らないです。

 

だから、飲み薬で体の内側から爪母に働きかけた方が効果的なのです!
でも、爪母に薬の成分を浸透させることができれば爪水虫は治ります。

 

爪水虫のもともとの原因である皮膚に出来ている水虫を塗り薬で治すことで爪水虫は
すこしづつ良くなっていきます。

 

爪の水虫は爪が黄ばんでしまいボロボロになるので、とても気になる症状です。
どうしても爪に重点をおいてしまいますが、まずは皮膚の水虫を治しましょう!

 

皮膚の水虫を治すには、市販の塗り薬で十分です。

 

ドラッグストアで気になった薬から試していって、自分に合っているものを見つけて
ください。

 

爪水虫の治療に使われる飲み薬は肝臓や腎臓に負担がかかります。
もともと肝臓や腎臓が弱い人は、飲むことができません。

 

ただ、はっきりと肝臓や腎臓の病気でないと、爪水虫の飲み薬が飲めるかどうか
わかりませんよね?

 

爪水虫の薬を飲んでも大丈夫かわからない場合でも、病院で血液検査を受けることに
なっているので、薬があうかどうかを確認してから治療に入ることができます。

 

まずは、病院へいて検査を受けてから飲み薬と塗り薬、どちらで治すかを決めましょう!

 

■爪水虫の飲み薬が飲めない人

爪水虫の飲み薬が飲めない人は、どんな人なのでしょうか?
調べてみると、以下のような人は飲めないことが分かりました。

 

○他の薬を飲んでいる人

 

爪水虫の薬は併用することができない薬があります。
病院へ行くときはお薬手帳を持って行って、飲み合わせが大丈夫か医師に聞きま
しょう。

 

○妊娠中、高齢者

 

爪水虫の飲み薬は肝臓に負担をかけるので肝臓の機能が低下します。

 

肝臓は老廃物を分解するところなので、老廃物が溜まりやすい妊娠中や高齢者は
体に毒素が溜まって便秘や肌荒れ、その他の病気などになる可能性があります。

 

また、妊娠の可能性がある人も爪水虫の飲み薬を使うのは避けた方がいいです。

 

■爪水虫を塗り薬で治す方法

爪水虫は薬の成分が浸透しにくいから、なかなか治りません。
そこで、薬の成分を浸透しやすくして、早く治しましょう。

 

塗り薬の成分の浸透を早くするには、爪の角質と皮膚の角質を薄くして、柔らかく
することが大切です。

 

例えば、爪が分厚くなってしまっている場合は爪やすりで健康な爪と同じくらいの
厚さまで削りましょう。

 

そして、爪の周りの皮膚も角質が厚くなっている場合は、カミソリで削ってください。
水虫が悪化すると爪も皮膚も角質が厚くなる角質化という症状が出てきます。

 

厚くなった角質では薬の成分が浸透にしくいので、削る必要があります。
また、毎日足湯をして角質を柔らかくしてから薬を塗りましょう。

 

薬を塗るときは足全体をマッサージするようにすると血行が良くなって、爪水虫の
治りがはやくなります。

 

また、爪水虫は民間療法では治すことができません。
飲み薬が飲めない場合は、必ず塗り薬を使って治しましょう。

 

■民間療法よりも爪水虫に効果的な方法

民間療法よりも爪水虫に効果的な方法は、毎日足を丁寧に洗うことです。
清潔にすることで、爪水虫の原因である白癬菌は活動できなくなります。

 

白癬菌が好み環境は高温多湿で、不潔な環境。
現代人は1日中靴を履いているので、どうしても足がこの環境になりがちです。

 

そこで、帰宅後は通気性のいい靴下に履き替えて、つま先の空いているスリッパを
履きましょう。

 

つま先が開いているスリッパは湿気が溜まらないので、爪水虫にいいのです。

 

また、お風呂で足を洗うときにやさしく丁寧に洗うことで、白癬菌をはじめとする
雑菌を洗い流せます。

 

水虫がかゆいからと言って、ナイロンタオルでゴシゴシ洗ってしまう人が少なく
ありませんが、皮膚の健康に必要な菌まで洗い流してしまうのでやめましょう。

 

爪水虫はただでさえ、爪と皮膚に負担がかかっている状態です。
荒いときは負担をかけないように優しく洗うことが大切ですよ!

 

そして、普段吐いている靴やスリッパは1週間に1回、天日干しをして日光消毒して
ください。

 

革靴などは洗えませんが、日光に当てるだけで殺菌できます。

 

帰宅後に靴の中に乾燥剤を入れて湿気をとるのも効果的です。
靴用の乾燥剤も売られていますが、お菓子などに入っている乾燥剤でも効果があります。

 

すぐに始められる方法なので、ぜひ試してみてください!

副作用はある?水虫薬・ブテナロックは安全ですか?

■ブテナロックはどの種類でも副作用は同じ

ブテナロックは人気の水虫薬ですが副作用があります。
ブテナロックには、いくつかの種類があるのですが、副作用は同じです。

 

ブテナロックシリーズの商品のそれぞれの副作用を調べてみました。

 

○ブテナロックVaの副作用

 

皮膚の発疹、発赤、かゆみ、かぶれ、はれ、刺激感、ただれ、水庖、亀裂、落屑

 

○ブテナロックVの副作用

 

発疹、発赤、かゆみ、かぶれ、はれ、刺激感、落屑、ただれ、水庖、亀裂

 

このように、スプレータイプ、液体タイプ、クリームタイプなどがありますが、副作用に
違いはありません。

 

ただ、水虫の症状によって副作用が出やすくなったり、効果が出にくくなったり
するので症状に合っているタイプを選びましょう!

 

スプレータイプ、液体タイプ、クリームタイプ、それぞれに合っている水虫の症状
を調べてみました。

 

■ブテナロックのタイプごとの効果的な水虫の症状

ブテナロックのタイプによって、効果的な水虫の症状は違います。
タイプごとに違う、効果的な水虫の症状は以下の通りです。

 

○スプレータイプが向いている水虫の症状

 

広範囲に一気につけることができるので、足裏全体など範囲が広い水虫に向いてい
ます。

 

○液体タイプが向いている水虫の症状

 

痒みがあり、症状があまり深刻ではない水虫に向いています。

 

○クリームタイプが向いている水虫

 

乾燥している水虫や症状が悪化して、かぶれやただれがひどい水虫に向いています。

 

このように、タイプごとに効果が出やすい水虫の症状は違うのです。
しかし、水虫薬で副作用が出る原因は同じです。

 

水虫は白癬菌という菌に感染して起こるのですが、この白癬菌が感染して長くたって
いると、皮膚が刺激に敏感になっています。

 

白癬菌に感染した皮膚は、異物である白癬菌を追い出すために免疫機能を働かせます。

 

免疫機能が働くと白血球が異物を追い出すために炎症を起こしたり、水庖を作ったり
します。

 

これが水虫の症状なのですが、白癬菌に感染している期間が長いと水虫薬の刺激にも
同じような反応を起こしてしまいます。

 

これが原因で水虫薬で水虫の症状が悪化して、副作用が出る原因です!

 

症状が悪化している水虫には、皮膚への刺激が少ないクリームタイプが安心です。

 

逆に液体タイプはアルコールを含んでいることが多いので、刺激が強く悪化する原因
となります。

 

ただ、症状が軽くかゆみがある場合はアルコールが含まれている液体タイプが効果的
です。

 

かゆみを素早く沈めてくれるので炎症が収まり、水虫の治りが早くなります。

 

私は水虫になってかなりの期間が経ち、指の間がじゅくじゅくになっています。
最初は浸透力がありそうだったので、液体タイプを使っていました。

 

液体タイプの薬をつけるたびに、しばらく動けなくなるくらいにしみましたが、
それが効いている証拠だと思ってしばらく使い続けていました。

 

しかし、あるときドラッグストアにいつもの水虫薬を買いに行ったら、たまたま液体
タイプがなかったので、同じ商品のクリームタイプを購入しました。

 

つけてみると、まったくしみなかったので「これで本当に効くのかな?」と思って
いましたが、1週間くらいでジュクジュクがなったのです!

 

「しみる薬=効く薬」だとばかり思っていたので、とても驚きました。
水虫薬は使ってみて、刺激がないものを使い続けましょう。

 

■ブテナロックの主成分

ブテナロックに使われている主成分は、ブテナフィン塩酸塩です。
この成分には、白癬菌の生合成を抑える働きがあります。

 

白癬菌をはじめとする真菌は、カビの一種です。
ですので、成長し感染する範囲を広げてしまう可能性があります。

 

ブテナフィン塩酸塩はそれを阻害するので、水虫に効果を発揮します。
そして、副作用が少なく、安全性が高い成分です。

 

■ブテナロックの足洗ソープには副作用がある?

ブテナロックは水虫薬だけではなく、足洗ソープもあります。
足洗ソープには、副作用がないのか調べました。

 

足洗ソープは薬ではなく、石鹸なので副作用はありませんでした。
しかし、かぶれやただれがあるときは悪化の原因になるので使わないようにしま
しょう。

 

使えない理由は、清涼感を出すためにメントールが配合されているからです。

 

水虫の原因の白癬菌は普通の石鹸でも十分洗い流すことができます。
普通の石鹸の方が安いので、ブテナロックの足洗ソープを買う必要はありません。

 

また、普通の石鹸ならかぶれやただれがあっても使うことができます。
清涼感はありませんが、刺激がない分症状が悪化しないのです。

 

副作用を起こさないためにもブテナロックとブテナロック足洗ソープは一緒に
使わないようにしてください!