水疱の水虫にダマリンは効果がありますか?

■水疱の水虫にはダマリンが効果的

足の裏全体や土踏まずに水疱ができるタイプの水虫に、ダマリンは効果的です。
この理由は強いかゆみ止めの成分が入っているからです。

 

水疱ができるタイプの水虫は、強いかゆみがあります。
このかゆみのせいで、掻きむしって水疱をつぶしてしまう人が少なくありません。

 

ダマリンに配合されている3種類のかゆみ止めは、どれも効果が強いです。
水疱タイプの強いかゆみに良く効きます。

 

水疱タイプは、症状が悪化して足の甲にまで水疱が広がってしまう可能性があります。
そうなる前にかゆみを抑えるダマリンをつけて、かきむしらないようにしましょう!

 

水疱タイプの水虫に効果を発揮するのは、液タイプの浸透力のあるダマリンです。
エタノールを配合していて、清涼感のあるつけ心地で、不快な症状を改善してくれます。

 

水疱タイプの水虫ができる場所は、足の中でも感覚が鋭いところです。
足裏は多くの神経や毛細血管が通っています。

 

ですので、足裏に異常が起こるととても不快に感じるのです。
この不快感を解消するのにダマリンのスプレータイプが向いています。

 

■水疱がつぶれてしまったときは?

水疱は潰さない方がいいのですが、足裏なのでつぶれやすいです。
もし、つぶれてしまったら、どうやって対処すればいいのか調べました。

 

水疱の中には、ネバネバしている白癬菌を含んでいる液体が入っています。
水疱がつぶれていることに気が付いたら、24時間以内にその液体を流水で流してください。

 

そして、水疱をさらにつぶさないように優しく抑えるようにタオルで拭きましょう。
消毒液で消毒したり、水虫薬を塗る必要はありません。

 

また、水疱がつぶれたところにガーゼを貼っておきましょう!
こうすることで雑菌が入ったり、液体が他の部分について水虫が広がるのを抑えます。

 

また、広範囲に水疱ができている場合は、液タイプよりもスプレータイプがつけやすい
です。

 

一度に広範囲に、薬をつけることができるからです。

 

また、ダマリンをつけてから症状が悪化するようになった場合は、他の病気の可能性が
あります。

 

■足の甲に水疱ができる病気とは?

水虫で水疱ができるのは、足裏や土踏まずです。
しかし、足の甲にまで水疱ができてしまった場合は、水虫以外の病気の可能性があります。

 

まず、足裏全体に水疱ができたのに放置していて、同じような大きさの水疱が足の甲に
出来た場合は、水虫が原因です。

 

しかし、足裏の水疱を治療していたのに足の甲に水疱が出来た場合は、薬でかぶれたことが
原因です。

 

一度、皮膚科を受診してかぶれない薬を処方してもらいましょう。
ダマリンは刺激が強いので、かぶれやすいというデメリットがあります。

 

薬が原因の水疱は薬を使うのをやめればなくなります。
しかし、薬が原因だと知らずに塗り続けてしまうとどんどん悪化してしまいます。

 

水疱の大きさや数、範囲を薬を塗るたびにチェックしてください。
また、薬は正しい回数つけないとかぶれの原因になるので注意しましょう。

 

私は現在、45歳で長い間水虫が続いています。
私の場合は水疱ができないのですが、指の間に強いかゆみを感じることがあります。

 

以前は、かゆくなったときにかゆみ止め感覚で薬をつけていました。
しかし、それが原因で薬をつけすぎてしまい、症状が悪化したのです。

 

最近は、薬は1日1回しかつけないようにしています。
強いかゆみが出たら、氷などで患部を冷やしてかゆみをごまかしています。

 

水疱をつぶらないためにも、こうしたかゆみ止めの方法をいくつも用意しておきましょう。

 

■水虫の強いかゆみを止める方法

水虫のかゆみを止める方法は、冷やす以外にもあります。
お風呂でできるかゆみ止めの方法を覚えておくと便利ですよ!

 

○洗面器を使った方法

 

・洗面器に深さ3~4cmの水を張る
・熱湯を注いで50℃くらいにする
・適温になったら両足を2~4秒つける
・お湯から足を出す

 

これを3~4回繰り返してください。

 

○お風呂やシャワーで時間をかけずにできる方法

 

・湯船やシャワーの水温を下げる

 

お風呂やシャワーを浴びて体が温まって血行が良くなるとかゆみが強くなります。
湯船やシャワーの温度を下げることで、温まりすぎず、かゆみが弱くなりますよ。

 

水疱がある水虫は、水虫の症状の中でもとくにかゆみが強いです。
かゆみ対策をしっかりとることで、水疱は治りやすくなります。

 

ダマリンのスプレータイプはパウダーが入っているので乾燥しますが、水疱の中の液まで
乾燥させる効果はありません。

 

ダマリンの液タイプで成分を水疱の中にまで、しみこませた方が効果的ですよ。

イラスト

繰り返す水虫で毎年夏になるほど憂鬱になっていました。

でもこの2つの作用が忠実に実行できること。
①皮膚のバリア機能アップ
②固くなった皮膚を柔らかくする

これでいまでは完全に再発しないまでに抑え込む事ができています。

「皮膚に浸透させないと意味がない。」

この発想があるのは、さすが東証一部の企業だなと感じています。

男性用

爪水虫は普通の水虫よりも治りにくいです。
なぜなら、爪は硬いので薬が浸透しにくいから。

爪を保湿することが重要です。
保湿することで有効成分が入りやすくなるからです。

これもドラッグストアで見かける市販薬にはない発想で、関心しました。
ぜひ完治させたい人は試してみてください。

クリアネイルショット