効果は水虫だけじゃない?ダマリンは爪水虫にも効く?

■爪水虫は基本的に皮膚科の薬でないと治らない

爪水虫は足の皮膚にできる水虫を放置していることで、発症します。
基本的に皮膚科の薬でないと治らないのでダマリンで治療するのは難しいでしょう。

 

ダマリンで爪水虫を治療した人の体験談を探してみても、見つかりませんでした。

 

また、「ダマリンでは爪水虫が治らない」という意見があったので、ダマリンで治療して
いる人は少ないことが推測できます。

 

ダマリンは、皮膚の水虫に使うことを想定して作られている薬です。
爪水虫の患部には成分が浸透しにくいので、効果が弱いです。

 

しかし、「ダマリンの液タイプを爪に垂らしていたら症状が良くなった」という口コミが
ありましたので、まったく効果がないわけではありません。

 

爪水虫も水虫と同じように白癬菌が原因です。
白癬菌に効果がある抗真菌剤のダマリンは、少しですが作用するのです。

 

爪は皮膚と同じケラチンというタンパク質でできています。
そのケラチンを食べる白癬菌が爪の下の皮膚にまで繁殖すると、爪水虫になるのです。

 

ケラチンはとても硬い物質なので、白癬菌以外の真菌は食べることができません。

 

しかし、白癬菌はケラチンを分解する成分を持っているので、ケラチンを食べることが
できるのです。

 

白癬菌は一度感染すると、あっという間に繁殖します。
繁殖しやすいので、ダマリンで少しづつ治しても治療が追いつかないことが考えられます。

 

ダマリン以外の市販薬が有効です。
また、爪水虫ではダマリンの持ち味である清涼感が生かされません。

 

■爪水虫ではダマリンの清涼感が効果なし?

爪水虫は皮膚にできる水虫と違ってかゆみがありません。
ダマリンの持ち味である清涼感が台無しになってしまいます。

 

ダマリンを使ったことがある人の体験談によると、初めてダマリンを使ったときはスーッと
する使い心地に驚いたそうです。

 

塗った瞬間に水虫で不快になっていた患部がすっきりして、かゆみが収まったのです。
そして、使っているうちに皮膚がキレイになっていきました。

 

ただ、爪水虫はかゆみや痛みがありませんし、皮膚の水虫と違い入れ替わるのに時間が
かかります。

 

一度ボロボロになった爪がキレイになることはありません。
新しく生えてくる爪をキレイにするしかないので、半年以上かかってしまいます。

 

ダマリンは水虫のかゆみを止める作用が強い薬です。
爪水虫はかゆみがないので、ダマリン以外の薬が良いと考えます。

 

では、爪水虫に効果的な市販薬はどれか調べてみました。

 

■爪水虫に効果的な市販薬

爪水虫に効果的な市販薬を探してみると、ホロスリンという薬がありました。
ホロスリンという薬には、爪水虫に有効な成分が入っています。

 

ホロトキシンという殺菌成分は、白癬菌にだけ強力な効果がある成分です。

 

そして、サリチル酸という成分は、抗炎症、抗菌、殺菌作用があります。
また、角質を溶解して、軟化する働きがあります。

 

爪も皮膚の角質と同じ性質なので、サリチル酸で溶かされて殺菌成分が浸透しやすくなり
ます。

 

爪水虫は爪がどんどん厚く硬くなってしまうので、この溶解・軟化作用は重要です。

 

ダマリンにはサリチル酸が配合されていないので、硬くなった爪を柔らかくする作用はあり
ません。

 

これが爪水虫が治りにくい原因なのです。
爪水虫を市販薬で治すならサリチル酸が配合されている薬を使いましょう!

 

■爪水虫は爪をはがして治すと早く治る?

爪水虫になると爪の感覚がなくなり、普段では切れないくらい短く切れてしまいます。
爪をはがすことも痛みがなくできるので、爪をはがして治す方法があります。

 

この方法は、爪の下の皮膚に直接水虫薬を塗ることができるので、効果的です。

 

しかし、普段表面に出ていない部分の皮膚が出ているので雑菌がついたり、傷がついたり
して、水虫の症状が悪化してしまう可能性があります。

 

また、爪をはがした部分にばんそうこうを貼って隠す人が多いのですが、こまめにばんそう
こうを変えないと不衛生になります。

 

足を濡らした後にばんそうこうを変えないでいると湿気が溜まり、菌が繁殖する原因になる
ので、常にばんそうこうを持ち歩いてこまめに替える必要があります。

 

このことを考えると爪ははがさないで新しいきれいな爪に生え変わるのを待った方がよい
でしょう。

 

また、女性の場合はぼろぼろになった爪を隠したがる傾向にあります。
しかし、そのためにペティキュアを塗ると、症状が悪化してしまうのでやめましょう。

 

サンダルを履かない、極力素足にならない、温泉やプールなどにはいかないなど、
対策を打ってください。

 

爪水虫の治療は、水虫の治療と同じで時間がかかります。
毎日薬を塗り続けるのは大変ですが、根気強く続けていきましょう!

イラスト

繰り返す水虫で毎年夏になるほど憂鬱になっていました。

でもこの2つの作用が忠実に実行できること。
①皮膚のバリア機能アップ
②固くなった皮膚を柔らかくする

これでいまでは完全に再発しないまでに抑え込む事ができています。

「皮膚に浸透させないと意味がない。」

この発想があるのは、さすが東証一部の企業だなと感じています。

男性用

爪水虫は普通の水虫よりも治りにくいです。
なぜなら、爪は硬いので薬が浸透しにくいから。

爪を保湿することが重要です。
保湿することで有効成分が入りやすくなるからです。

これもドラッグストアで見かける市販薬にはない発想で、関心しました。
ぜひ完治させたい人は試してみてください。

クリアネイルショット