塗る期間はどれくらい?ラミシールで水虫は治るまでは?

■ラミシールで水虫を完治するまでの期間

ラミシールを使うとどれくらいの期間で水虫が完治するのでしょうか?
完治までの期間を調査してみました。

 

水虫には大きく分けて皮膚に出る水虫と爪に出る爪水虫があります。
足水虫の場合はラミシールを塗り続けて4週間くらいで効果が出て、2か月あれば治ります。

 

しかし、爪水虫の場合は1~2か月で効果が出て、6か月くらいで治ります。

 

皮膚が生まれ変わるのに必要な期間よりも爪が生まれ変わるのに必要な期間の方が長いので
完治するまでの期間に差が出てしまうのです。

 

ただ、どちらの場合も症状が治っても角質層の深いところに白癬菌が残っている可能性が
あります。

 

症状が改善してもしばらくの間は、ラミシールを塗り続ける必要があります。
目安として半年~1年は塗り続けましょう!

 

また、皮膚科でラミシールを処方してもらった場合は自己判断で治療を中止しないで、
医師の許可が出るまでは薬を使い続けないといけません。

 

それを分かっていても、医師の許可が出る前に治療をやめてしまうのは、薬を塗るのが面倒
だからです。

 

面倒なのを解消するためには、どうすればいいのか調べました。

 

■毎日ラミシールを使い続けるのが面倒な場合は?

悩んでいる水虫を治療するためとはいえ、半年以上毎日ラミシールを塗り続けるのは
本当に面倒ですよね?手間をかけないためには、どうすればいいのか調べました。

 

まず、水虫薬の塗り薬は基本的に1日1回塗らなければなりません。
しかし、表面的な症状がなくなり、肌がキレイになったら、塗るペースを落としましょう。

 

最初は3日に1回にして、徐々に1週間に1回にしていってください。
これでも全く塗らなくなるよりは効果があります。

 

半年~1年という長い期間、毎日塗るのはつらいものです。
ペースを落とすことで無理なく塗り続けることができます。

 

また、ラミシール以外の使用感の良い薬を使う方法でも塗るのが楽になります。
ここからはラミシール以外の水虫薬について説明していきます。

 

■クリアフットヴェールの効果と口コミ

クリアフットヴェールという塗り薬なら、使用感が良く角質層の深くにまで成分が浸透
していきます。口コミをみてみると、評判が良い薬のようです。

 

クリアフットヴェールは、植物性の消毒作用がある竹酢液で白癬菌を殺菌します。
白癬菌はカビの一種で植物性なので、植物性同士で作用しやすいのです。

 

また、竹酢液には白癬菌を消毒するだけではなく、肌を滑らかにする働きもあります。
水虫で肌がぼろぼろになっていても、塗り続ければきれいになりますよ。

 

クリアフットヴェールの口コミをみてみると、以下のようなものがありました。

 

足の裏がボロボロになるタイプの水虫だったのですが、クリアフットヴェールを使い始めて
から2週間で肌がきれいになりました。

 

仕事をするときに通気性が悪い靴を履かないといけないので、日常生活で足がムズムズ
したり、匂いが気にならなくなったりします。

 

さらさらしていて使用感が良く、塗った後も気持ちが良いです。

 

水虫は足が蒸れて不快なことが多いのですが、塗るとさらさらして気持ちいいクリアフット
ヴェールなら、半年以上塗るのも苦になりませんね。

 

また、爪水虫の人には、ペティキュア感覚で塗れるクリアネイルショットが効果的です。
クリアネイルショットの効果と口コミを調べてみました。

 

■クリアネイルショットの効果と口コミ

クリアネイルショットは、クリアフットヴェール同様竹酢液が配合されています。
肌にやさしく肌の状態を健康にする竹酢液は水虫に有効なのです。

 

クリアネイルショットはペティキュアのようなボトルに入っているので、目につく場所に
置いていても邪魔になりません。

 

また、塗っているところを家族や同居人に見られても水虫薬だとはわかりません。
女性の場合は、家族にも内緒で治療したいという人が多いので、女性向きですね。

 

爪水虫は爪がボロボロになってしまうのですが、濃度が濃いジェルで保護できるので、
爪がぼろぼろになるのを抑えてくれます。

 

竹酢液以外には、テルピネン‐4-オイルやシトラールが配合されています。
爪を滑らかにするので、効果を実感しやすいです。

 

クリアネイルショットの口コミを見てみると、以下のようなものがありました。

 

塗るだけなので、簡単に使えるし、体に負担が少ないところが気に入っています。

 

他の薬で治らなかったので効果が出るまでには時間がかかるだろうと思っていましたが、
思った以上に早く効果を得られてうれしかったです。

 

夏にきれいになった爪でサンダルを履くのが今の目標です。

 

このように、予想以上に早く効果を得られた人は少なくありません。
クリアネイルショットのような即効性があり、使いやすい薬で水虫を治療しましょう。

イラスト

繰り返す水虫で毎年夏になるほど憂鬱になっていました。

でもこの2つの作用が忠実に実行できること。
①皮膚のバリア機能アップ
②固くなった皮膚を柔らかくする

これでいまでは完全に再発しないまでに抑え込む事ができています。

「皮膚に浸透させないと意味がない。」

この発想があるのは、さすが東証一部の企業だなと感じています。

男性用

爪水虫は普通の水虫よりも治りにくいです。
なぜなら、爪は硬いので薬が浸透しにくいから。

爪を保湿することが重要です。
保湿することで有効成分が入りやすくなるからです。

これもドラッグストアで見かける市販薬にはない発想で、関心しました。
ぜひ完治させたい人は試してみてください。

クリアネイルショット