合わない場合は変えるべき?ラミシールが水虫に効かないときは?

■ラミシールが効かないのは他の病気の可能性がある

ラミシールは一般的によく使われています。
白癬菌の繁殖に必要な酵素を遮断して、真菌を撃退する効果があります。

 

ラミシールには塗り薬と飲み薬、スプレータイプがあります。
症状に合わせて使い分けるといいのですが、どれも効果がない場合があります。

 

その原因について調べてみると、水虫の症状によって塗り薬自体が効かないことがあり
ます。

 

例えば指の間に出来る趾間型白癬と小さな水疱ができる水疱型白癬は、塗り薬がとてもよく
効きます。

 

しかし、角化型白癬と爪に水虫の症状が出る爪白癬は塗り薬が効きません。
薬の成分が白癬菌が繁殖している角質の奥深くまで、浸透しないからです。

 

この場合は、飲み薬で治療する方が効果が出やすいです。
また飲み薬に変更しても効果がない場合は、他の病気の可能性があります。

 

水虫薬は他の薬に比べて高額なので、治療するのは費用がかなりかかります。
この費用を無駄にしないためにも、薬を買う前に皮膚科で顕微鏡検査を行ってください。

 

■皮膚科で行われる顕微鏡検査とは?

皮膚科では白癬菌に感染しているかどうかの検査を行うことができます。
どんな検査なのか、内容を調べてみました。

 

まず、白癬菌に感染していると思われる部分の皮膚を一部とります。
かぶれたり炎症を起こしたりして、めくれている部分をとるので痛みはありません。

 

検査の手順は、以下の通りです。

 

○顕微鏡検査の手順

 

1 幹部の皮膚をとってスライドガラスにのせる
2 カバーガラスをして強アルカリ(KOH)を2~3滴流す
3 60度~70度で2~3分加熱し顕微鏡で観察する

 

KOHという薬品を使って検査するので、KOH検査といいます。
この方法以外には、1週間皮膚を培養する方法もあります。

 

顕微鏡検査では白癬菌がいそうなところを探さないといけませんし、顕微鏡でみても間違え
やすい菌が多いので、皮膚科医でも検査結果を間違えることがあります。

 

熟練した医師でないとわからないのです。
また、皮膚科によっては顕微鏡検査を行わないところもあります。

 

皮膚科を受診する前に、顕微鏡検査があるかどうかを確認しましょう!

 

白癬菌をはじめとする真菌は細菌やウイルスよりも大きいのが特徴です。

 

白癬菌は顕微鏡で見ると、糸のような長い菌糸がのびていて、竹の節のようになっている
そうです。

 

■ラミシールが合わない場合は薬の種類を変える

ラミシールはアリルアミン系の薬なので、合わない場合はイミダ―ル系の薬にしましょう。
成分の効き方が違う薬に変えると効果が出やすいです。

 

イミダ―ル系の薬には、ピロエースZなどがあります。
白癬菌にもカンジダにも効くのがアリルアミン系と同じですが、効き方は違います。

 

指定二類医薬品なので、副作用が強く安全性に注意が必要です。

 

ラミシールを1か月使っても効果がない場合は、イミダ―ル系の市販薬に変えて様子をみて
ください。

 

また、ラミシールが効かないのは、日頃の生活習慣やストレスのせいだと思う傾向がある
ようですが、生活習慣は関係ありますが、ストレスは関係ありません。

 

■ラミシールが効かないのは生活習慣も関係している

ラミシールで水虫が治らないのは、生活習慣が関係しています。
足に良い生活習慣を心がけましょう。

 

通気性に良い靴を履く、汗をかいたらすぐにふきとるなど細かい部分に注意していれば、
水虫の治りが早くなり、ラミシールの効果が出やすくなります。

 

ラミシールを毎日塗っていても足が蒸れやすい環境で過ごしていたり、汗をしっかり拭か
なかったりすると治りは遅くなってしまうのです。

 

皮膚の健康状態を悪くするような習慣を避けることで、ラミシールは効きやすくなります。
しかし、肌の天敵であるストレスは水虫には直接影響しません。

 

ストレスは皮膚を乾燥させ、免疫力を低下させますが、これが水虫を悪化させる原因には
ならないのです。

 

ただ、ストレスを感じている状況では足のケアがおろそかになってしまいます。
これが水虫を治りにくくする原因になることは、あります。

 

ラミシールを使っていて効果が出ない場合は、こうしたことが原因になっているかもしれま
せん。

 

・水虫の症状に合っていない可能性
・他の病気の可能性
・生活習慣の可能性

 

この中のどれが原因か知るためには、自分の生活習慣を見直して、皮膚科で専門医による
検査を受ける必要があります。

 

皮膚科を受診するのは面倒に思うかもしれませんが、検査は5分~10分程度で終わります。
また、一度検査すればわかるので繰り返し検査する必要がありません。

 

本当に水虫かどうか疑問を持ちながら治療するよりも、検査ではっきりさせた方が気楽に
治療を進められますよ!

イラスト

繰り返す水虫で毎年夏になるほど憂鬱になっていました。

でもこの2つの作用が忠実に実行できること。
①皮膚のバリア機能アップ
②固くなった皮膚を柔らかくする

これでいまでは完全に再発しないまでに抑え込む事ができています。

「皮膚に浸透させないと意味がない。」

この発想があるのは、さすが東証一部の企業だなと感じています。

男性用

爪水虫は普通の水虫よりも治りにくいです。
なぜなら、爪は硬いので薬が浸透しにくいから。

爪を保湿することが重要です。
保湿することで有効成分が入りやすくなるからです。

これもドラッグストアで見かける市販薬にはない発想で、関心しました。
ぜひ完治させたい人は試してみてください。

クリアネイルショット