水虫がかかとにできた!ラミシールは効果がある?

■かかと水虫は治りにくいので効果がない可能性がある

かかとに出来るタイプの水虫は「角化型足白癬」という水虫です。
一般的な指の間にできる水虫が悪化すると、角化型足白癬になります。

 

角化型足白癬について詳しく調べてみると、高齢者に多いことがわかりました。

 

皮膚が厚く硬く乾燥してひび割れるので、水虫と思わずに加齢で肌が乾燥しているだけと
誤解している人が少なくありません。

 

角化型足白癬の治療法は白癬菌を殺菌するだけでは、効果が出にくいです。
角化して厚く硬くなった皮膚を柔らかくする必要があるからです。

 

まず、皮膚を柔らかくしてから白癬菌を殺菌する薬を塗りましょう。

 

水虫になっているときは、軽石などで足の皮膚を削らない方がいいといわれていますが、
角化型足白癬の場合は、適度に足の角質を削らないと薬の成分が浸透しません。

 

角質を正しく削って、皮膚を柔らかくしてからラミシールを塗ってください。
ラミシールの場合は浸透力が強く、保湿効果があるクリームタイプを選びましょう!

 

■正しい足の角質の削り方とは?

正しく足の角質を削ることで、ラミシールの成分が浸透しやすくなります。
削るときは、丁寧に少しづつ削ってください。

 

ドラッグストアなどでかかとの角質を削るグッズがありますので、そういったグッズを
使いましょう。正しい削り方のポイントは以下の通りです。

 

○かかとの角質の正しい削り方

 

・湯船につかりかかとの角質を柔らかくする
・角質を削るグッズで力を入れずに丁寧に削る
・往復してけずらないで一方向に動かす
・かかとを触ってどれくらい削ったか確認しながら行う
・1回で削ろうとしないで2~3日に分けて削る

 

足が塗れている状態だと、どれくらい角質を削ったのかがわかりづらいです。
乾燥した状態をみるために2~3日に分けて削っていきましょう。

 

また、削った後は保湿ローションや保湿クリームをつけてください。

 

削りすぎが心配な場合は、クリームやジェルで角質をとるといいですよ。
水虫薬は角質を削って保湿した後に塗りましょう。

 

角化型足白癬になりやすい高齢者は高齢者施設にはいっていると、こうした角質ケアが
できません。

 

自宅なら家族にしてもらえるので、外用薬のラミシールで治療できますが、高齢者施設に
入っている角化型足白癬の患者は内服薬のラミシールで治療を進めていきます。

 

しかし、そのときに副作用が出る可能性があるので、ラミシール以外を使う場合が多いよう
です。

 

■ラミシールが使えない高齢者の場合はどんな薬を使う?

角質ケアが出来ず、内服薬も使えない高齢者の場合は、サルチル酸ワセリンを使います。
ラミシールの内服薬は肝障害などを引き起こすので、危険なのです。

 

高齢者はもともと肝臓や腎臓の機能が低下しています。
ですので、肝臓や腎臓に副作用が出るラミシールは使えません。

 

ラミシールの外用薬では浸透力が低く、角化しているかかとに成分が入っていかないので、
セリチル酸ワセリンなどの外用薬を使って治療をする高齢者施設が多いです。

 

セリチル酸ワセリンとは、どんな外用薬なのでしょうか?

 

○セリチル酸ワセリン

 

・サリチル酸を主成分とする軟膏
・皮膚の角化をやわらかくする作用がある
・白癬菌を抑える効果がある
・ただれやかぶれがひどい患部には使えない
・1日1~2回塗る
・副作用は少ない

 

ワセリンはスキンケアなどにも使われ、安全性と保湿力が高いことが広く知られています。
高齢者の角化型足白癬には、こうした副作用の少ないものが向いています。

 

■角化型足白癬と間違えやすい病気

角化型足白癬は、他の病気と間違えやすいです。
皮膚科で診察してもらって、白癬とわかってから治療しましょう。

 

角化型足白癬に似た病気には、こんなものがあります。

 

○疥癬

 

・ダニの一種が皮膚に寄生して起こる皮膚病
・患部にぶつぶつができるのが特徴
・見た目だけでは白癬と区別がつかない

 

○汗疱

 

・多汗症が原因と考えられているが原因がはっきりしない
・手や足に水ぶくれができるのが特徴
・かゆみを伴った皮膚がぼろぼろに剥ける

 

○老化

 

・加齢で皮膚が厚く硬くなる
・病気ではないので、角質ケアで治る

 

これらの病気や症状は専門医でも見ただけでは区別ができない場合があります。
自己判断で区別するのは難しいので、皮膚科で検査を受けましょう。

 

私の父も老化でかかとががさがさになっているだけと思っていたのですが、たまたま皮膚科
で角化型足白癬を知り、顕微鏡検査をしたところ白癬菌が見つかりました。

 

薬を塗って1年くらいでかかとがきれいになり、うれしそうにしていました。
足裏は感覚が敏感なのできれいになると過ごしやすくなりますよ。

イラスト

繰り返す水虫で毎年夏になるほど憂鬱になっていました。

でもこの2つの作用が忠実に実行できること。
①皮膚のバリア機能アップ
②固くなった皮膚を柔らかくする

これでいまでは完全に再発しないまでに抑え込む事ができています。

「皮膚に浸透させないと意味がない。」

この発想があるのは、さすが東証一部の企業だなと感じています。

男性用

爪水虫は普通の水虫よりも治りにくいです。
なぜなら、爪は硬いので薬が浸透しにくいから。

爪を保湿することが重要です。
保湿することで有効成分が入りやすくなるからです。

これもドラッグストアで見かける市販薬にはない発想で、関心しました。
ぜひ完治させたい人は試してみてください。

クリアネイルショット