水虫には手にもできるってホント?完治する方法は?

■手に出来る水虫

水虫は足に出来ることが多いですが、手や顔、頭などに出来ることも
あります。こうした症状を体部白癬といいます。

 

体部白癬になる原因は、以下のようなものがあります。

 

・自分の足に出来た水虫を触った手で体に触れて白癬菌がうつった
・ペットを触った手を1日以上洗わなかった
・体部白癬の人と手をつないで1日以上手を洗わなかった

 

このように体部白癬はだれでもやってしまうそうな原因で、発症する病気です。

 

「手の水虫なんて聞いたことない」と思うかもしれませんが、自覚がないだけで
発症している人は意外と多いのです。

 

それは手の水虫があるということを知らない人が多いから。
これらの症状なら手の水虫である可能性が高いです。

 

・手のひらの角質が分厚くなっている
・片手だけで症状がある
・少しかゆい
・足などに水虫がある

 

このように足の水虫とはちがい、症状はかなり軽いです。
手の水虫とは知らず、ただの湿疹と勘違いしている人も多いようです。

 

また、乾燥肌やなにかにかぶれたと誤解している人も多いです。

 

長期間、手に発疹がある場合は水虫です。

 

手の水虫は最初は軽い症状ですが、悪化すると強いかゆみや皮膚のめくれに
悩まされることになります。

 

水虫は自然治癒しないので必ず皮膚科で検査を受けて、治療してください。

 

■手の水虫を完治させる方法

手の水虫は、足の水虫に比べて完治させるのが楽です。
ただ、表面的な症状が治ってもしばらくは薬を塗り続ける必要があります。

 

手は季節を問わず、常に露出している部分です。
ですので、白癬菌が好む高温多湿な環境になることがありません。

 

また、治療は1日1回水虫薬を塗るだけ。
あとは普通にハンドクリームなどをこまめに塗っていれば、完治します。

 

発疹や肌のめくれが治ったあとも3か月くらい薬を塗り続けていれば、
完治しますので、気長に頑張りましょう!

 

手の水虫の治療方法は、基本的に足の水虫と同じです。
清潔にして、湿気が溜まらないようにして、水虫薬を毎日塗り続けてください。

 

■手の水虫を完治させるには?

手の水虫を完治させるには、皮膚科で検査を受けてその人にあっている薬を
塗ることが大切です。

 

手の水虫の特徴は、約80%の人が片手に発症することです。
ただの発疹と間違えやすいので、病院で検査を受けるようにしてください。

 

手の水虫を完治した人の体験談では、皮膚科で検査を受けて、半年間処方薬を
塗り続けて完治したそうです。

 

足の水虫ほど重い症状はありませんが、治療期間は足の水虫と同じくらいかかり
ます。

 

水虫は症状が出る場所に限らず、治療が大変な病気なのです。
予防して発症しないようにすることが大切。

 

では、どんな人が手の水虫になりやすいのでしょうか?

 

■手の水虫になりやすい人の特徴

手の水虫になりやすい人には、ある特徴があります。
自分がそれに当てはまるかチェックしておきましょう。

 

手の水虫になりやすい人は、こんな人です。

 

・水仕事をしている
・手袋をして仕事をしている
・手を洗う機会が少ない
・足が水虫になっている
・家族に水虫の人がいる

 

このような人は、手の水虫が発症しやすいので予防する必要があります。
手の水虫を予防するには、清潔にすることがいちばん。

 

こまめに手を洗って、手の皮膚についた白癬菌が角質層に侵入するのを
防ぎましょう!

 

また、手の水虫になっているときは保湿のために手袋をして寝るのはやめましょう。

 

白癬菌の繁殖に適している高温多湿な環境になるので、手の水虫を悪化させます。

 

手の水虫は足の水虫ほどのかゆみが痛みがないので放置してしまいがちです。
しかし、放置していると手の爪水虫になります。

 

爪水虫になると両手の爪がボロボロになり、人には見せられないような爪になって
しまいます。

 

そして、手の爪水虫も足の爪水虫と同じように治療に時間がかかるので、完治が
難しくなります。

 

どんな病気もそうですが、はやめに治療を始めないと治療に手間がかかるのです。

 

手の水虫は見た目が悪いので、手袋を隠す人が多いですが、手袋は手の水虫を
悪化させてしまいます。

 

見た目が悪くても我慢して、手を出して生活しましょう。
発疹は塗り薬で数週間で治ります。

 

その後は、発疹がない状態で表面的には水虫だとわからないようになります。
数週間の我慢なので、手袋で隠さないようにしてください。

 

水虫は手以外にも顔や頭にも出てしまいます。
水虫になっている部分が広がれば広がるほど治療は難しくなります。

 

全身に広がる前に、塗り薬で手の水虫を完治させましょう!
素早く完治させれば、ストレスもかからなくなります。

イラスト

繰り返す水虫で毎年夏になるほど憂鬱になっていました。

でもこの2つの作用が忠実に実行できること。
①皮膚のバリア機能アップ
②固くなった皮膚を柔らかくする

これでいまでは完全に再発しないまでに抑え込む事ができています。

「皮膚に浸透させないと意味がない。」

この発想があるのは、さすが東証一部の企業だなと感じています。

男性用

爪水虫は普通の水虫よりも治りにくいです。
なぜなら、爪は硬いので薬が浸透しにくいから。

爪を保湿することが重要です。
保湿することで有効成分が入りやすくなるからです。

これもドラッグストアで見かける市販薬にはない発想で、関心しました。
ぜひ完治させたい人は試してみてください。

クリアネイルショット