馬油を使えば水虫は完治する?馬油の水虫に対する効果とは?

■馬油は人の皮脂と同じ成分でできている

馬油は人の皮脂と同じ成分でできています。
そのため、皮膚トラブルを再生する効果があるのです。

 

馬油は昔からひびやあかびれ、切り傷、ぢなどの民間療法に使われています。
食べることもできるので副作用がありません。

 

市販の馬油も多く出回っていますし、漢方薬としても使われています。
ニキビや切り傷、吹き出物などの軽い症状からアトピーにまで効果があります。

 

馬油は皮脂にもっとも近い成分を配合している動物性の油。
肌細胞の間にある脂質の主成分であるセラミドが、肌のキメを整えてくれます。

 

馬油を塗ることで皮膚に潤いを与え、外部の刺激から肌を守ることができます。
肌との相性がとてもいいので、馬セラミドが肌の角質層にも浸透していきます。

 

馬油の多くな特徴はその浸透力の高さです。
非常にべたつく物質なのですが、肌に塗るとスッとなじんでサラサラになります。

 

ただ、皮下組織まで浸透しないので安全です。

 

そして、抗酸化作用と殺菌作用があります。
白癬菌を囲い込んではたらきを抑えます。

 

また、炎症を鎮めて熱をとったり、保湿したりする効果もあります。
ただ、ひとつだけ残念なのは、水虫を治す効果がないことです。

 

■馬油では水虫を治せない理由

馬油は肌にとてもいい物質ですが、水虫を治す効果はありません。
白癬菌を殺菌する抗真菌成分が含まれていないからです。

 

白癬菌は真菌というカビの一種で、抗真菌作用がないと水虫を治せません。
馬油には水虫の症状を抑える効果はありますが、治療する効果はないのです。

 

もし、馬油を使って水虫を治したい場合は、市販薬を使って治療して馬油で
ケアするという形をとりましょう。

 

水虫は白癬菌が原因ですが、肌トラブルの一種ですので、肌ケアが効果的です。
肌をしっかりケアすることで、はやく水虫を治すことができます。

 

■馬油の殺菌効果が効くのは水虫の初期症状にだけ

馬油には殺菌効果があり、浸透力も高いです。
しかし、皮下組織には効かないので水虫治療には効果がありません。

 

白癬菌は皮下組織の下の角質層で主に繁殖します。
皮膚の表面の表皮にしか浸透しない馬油では、殺菌することができません。

 

白癬菌は皮膚糸状菌という種類の中まで、胞子が網目状に伸びていきます。
ただ、水虫の表皮の症状を改善することはできます。

 

炎症やかゆみ、痛み、かぶれを治して見た目をキレイにする効果はあるのです。
水虫の症状で最もつらいのはしつこいかゆみです。

 

1日中かゆいのでストレスが増え、精神的にも疲労がたまります。
また、集中力が続かなくなるので、職場や運転中に思わぬ事故になる可能性もあります。

 

それを改善するのに馬油は効果的。
つらい表面的な症状を治して、市販薬で角質層の症状も治していきましょう。

 

こうすることで水虫のストレスを早く治すことができます。
水虫治療のサポートとして使うには馬油はとても効果的ですよ!

 

■水虫はスキンケアが大切

すべての肌トラブルは乾燥が原因といわれています。
水虫の原因も乾燥なので、馬油のような浸透力の高いもので保湿しましょう。

 

水虫は白癬菌に感染することで起こる症状です。

 

白癬菌は健康な皮膚についても症状を引き起こしませんが、乾燥していたり、
不健康な状態になっている皮膚では水虫の症状を引き起こします。

 

それを予防し改善するのが馬油です。

 

浸透性が高く保湿力が高い馬油なら、乾燥を防いで白癬菌に感染しないように
してくれるのです。

 

私は水虫を治療するときにまず、市販薬で殺菌することから始めました。
しかし、どれだけ生活にしていても薬を塗っても治りませんでした。

 

そこで、保湿をしてみると1週間くらいで炎症が収まったのです。
皮膚の表面的な症状が治ると、水虫治療は楽になります。

 

治るかどうかわからない状態で薬を塗り続けるのは、かなりのストレスになります。
それを解消するためにも馬油を上手に活用して、水虫を治療してください。

 

水虫を治療するためには、保湿力が高いクリームを塗る必要があります。
馬油はべたつくので成分がしっかり停滞して、他のクリームよりも保湿力が高いです。

 

水虫を完治させるためには、馬油を使いましょう。
市販薬には刺激の強い成分も入っているので、その刺激を和らげるためにも馬油は効果的。

 

塗るタイミングとしては、市販薬を塗ったあとに蓋をするように塗ってください。

 

また、馬油には白癬菌を殺菌する効果はありませんので、馬油だけ塗っていても水虫は
治りません。

 

水虫を治すためには薬だけではなく、馬油などのサポートするものも必要です。
馬油のほかには尿素入りクリームなども効果がありますよ。

イラスト

繰り返す水虫で毎年夏になるほど憂鬱になっていました。

でもこの2つの作用が忠実に実行できること。
①皮膚のバリア機能アップ
②固くなった皮膚を柔らかくする

これでいまでは完全に再発しないまでに抑え込む事ができています。

「皮膚に浸透させないと意味がない。」

この発想があるのは、さすが東証一部の企業だなと感じています。

男性用

爪水虫は普通の水虫よりも治りにくいです。
なぜなら、爪は硬いので薬が浸透しにくいから。

爪を保湿することが重要です。
保湿することで有効成分が入りやすくなるからです。

これもドラッグストアで見かける市販薬にはない発想で、関心しました。
ぜひ完治させたい人は試してみてください。

クリアネイルショット