ぺキロンが効かない場合は水虫をどの薬で治す?

■ぺキロンの成分

水虫の薬・ぺキロンは効果的な薬ですが、中には効かない場合もあります。
ぺキロンが効かない理由について調べてみました。

 

まず、ぺキロンはどんな成分で作られているのでしょうか?
ぺキロンは有効成分であるアモロルフィン塩酸塩が一般名になっています。

 

アモロルフィン塩酸塩は、皮膚糸状菌に対して強い抗菌作用があります。
水虫の原因である白癬菌は、皮膚糸状菌なので殺菌されます。

 

ただ、この殺菌作用が強いと皮膚トラブルの原因になって水虫が治らないです。
ぺキロンが効かない場合は、殺菌作用が強すぎるのかもしれません。

 

そして、ぺキロンと同じアモロルフィン塩酸塩が使われている市販薬があります。
ぺキロンが効かない場合は、その市販薬も効きませんので、気を付けてください。

 

ぺキロンと同じアモロルフィン塩酸塩が使われている市販薬は、以下の通りです。

 

・トーク―ル
・ダマリンエース

 

この2つの市販薬は避けて、他の市販薬を買いましょう!

 

■ダマリンエースの成分

ぺキロンが効かない場合は、同じ成分を使っている市販薬は効きません。
トーク―ルとダマリンエース以外のラミシールなどがいいでしょう。

 

ダマリンエースの成分について調べてみると、アモロルフィン塩酸塩以外にも
8種類の添加物を使っていることがわかりました。

 

これだけ多くの添加物を使っていると、皮膚への負担も大きくなります。
添加物の少ない薬を選びましょう!

 

また、アロモロルフィン塩酸塩は刺激性があります。
水虫で皮膚がじゅくじゅくになっていたり、荒れているところには使えません。

 

皮膚の症状が余計に悪化してしまう可能性があるので、刺激のない薬を選びま
しょう。

 

■ぺキロンよりも安全な薬

ぺキロンクリームよりも安全な薬はラミシールです。
皮膚科ではぺキロンよりもラミシールの方が多く処方されています。

 

ラミシールは、テルビナフィン塩酸塩という有効成分を使っています。

 

テルビナフィン塩酸塩は市販薬にも多く使われている成分で、白癬菌に対して
強い殺菌作用を持っています。

 

多くの薬に使われていて、副作用の報告が少ないので、安全性が高いです。

 

アモロルフィン塩酸塩はぺキロンクリームやダマリンエースなどにしか使われて
いません。

 

多くの薬に使われている成分の方が実績があり、信頼できます。
ぺキロンを皮膚科で処方してもらうなら、ラミシールの方がいいですよ。

 

■モルホリン系の市販薬は少ない

アモロルフィン塩酸塩はモルホリン系の成分です。
モルホリン系の成分を使っている市販薬は、とても少ないです。

 

アモロルフィン塩酸塩は2002年にテルビフィン塩酸塩などと同じタイミングで
市販薬にも使えるようになりました。

 

もともとは処方薬にしかつけない成分でしたが、安全性が確認されて市販薬にも
使われるようになったのです。

 

しかし、テルビナフィン塩酸塩の方が効果が強く、副作用の心配も少ないので、
普及しました。

 

アモロルフィン塩酸塩は、テルビナフィン塩酸塩よりも実績が少ないといえます。
安全性が高いのはテルビナフィン塩酸塩を使った市販薬なので、そちらを選びま
しょう!

 

私は長い間水虫に悩んでいますが、テルビナフィン塩酸塩を使った市販薬を塗って
います。最近、ボロボロだった爪がキレイになってきました。

 

実績がある成分を使っている市販薬は塗っていて安心できますし、治りも早い気が
します。

 

使われている薬の種類が少ない成分を選ぶよりも、多くの薬に使われている成分を
選んだ方がリスクが少ないですよ。

 

また、テルビナフィン塩酸塩は市販薬だと添加物がいくつか入っています。
添加物なしでテルビナフィン塩酸塩だけを使うために、皮膚科で処方してもらい
ましょう。

 

添加物がある薬は、水虫治療には適していません。
水虫の治療は半年~1年かかるので、皮膚に刺激が少ない方がいいのです。

 

水虫の原因である白癬菌は皮膚についてから5年~10年後に水虫の症状を引き起こし
ます。

 

つまり、水虫になったときにはすでに角質層の奥深くに白癬菌が繁殖している状態
なのです。

 

これを完全に撃退するには、かなりの期間が必要となります。

 

長い期間かけないと水虫を完治でいないのは、このためです。
添加物を含んでいない処方薬を毎日丁寧に塗って水虫を治療しましょう!

 

市販薬のほとんどに添加物が入っているので、皮膚科で検査を受けて処方薬を
出してもらった方が安全です。

 

今は市販薬でも水虫を治せる時代ですが、やはり処方薬の方が信頼できますね。

 

ぺキロンクリームも添加物なしですが、ダマリンエースには多くの添加物が入って
います。

イラスト

繰り返す水虫で毎年夏になるほど憂鬱になっていました。

でもこの2つの作用が忠実に実行できること。
①皮膚のバリア機能アップ
②固くなった皮膚を柔らかくする

これでいまでは完全に再発しないまでに抑え込む事ができています。

「皮膚に浸透させないと意味がない。」

この発想があるのは、さすが東証一部の企業だなと感じています。

男性用

爪水虫は普通の水虫よりも治りにくいです。
なぜなら、爪は硬いので薬が浸透しにくいから。

爪を保湿することが重要です。
保湿することで有効成分が入りやすくなるからです。

これもドラッグストアで見かける市販薬にはない発想で、関心しました。
ぜひ完治させたい人は試してみてください。

クリアネイルショット