ジェネリックの薬は爪水虫に効果がありますか?

■爪水虫のジェネリック

爪水虫には2種類の飲み薬があります。
その両方にジェネリックがあるのですが、効果が心配ですよね?

 

そこで、爪水虫の飲み薬のジェネリックについて調べてみると、以下のようなことが
分かりました。

 

爪水虫の飲み薬であるテルビナフィン塩酸塩とイトラコナゾール。

 

テルビナフィン塩酸塩にはラミシール錠、ケルガー錠、テビーナ錠、テビナシール錠、
テルビー錠、テルビナフィン錠、CH、F、MEEK、NP、TCK、YD、トーワなどがあります。

 

薬価が安いのはケルガー錠、MEEK、YDなどで1gあたり約73円です。
もっとも高いラミシール錠は約184円なので、かなり安いですね。

 

また、イトラコナゾールのジェネリックは科研、日医工、MEEKなどがあります。
イトラコナゾールのジェネリックは薬価に差がありません。

 

どのジェネリックになっても、損をすることはありませんよ。

 

このように爪水虫の薬のジェネリックには、様々な種類があります。

 

ジェネリックを希望する場合は、診断の前に「ジェネリックにしてください」と
医師に頼めばいいだけです。これだけで薬代をかなり節約できます!

 

■ジェネリックの個人輸入をするのは危険

爪水虫薬のジェネリックは塗り薬でも飲み薬でも、個人輸入できます。
しかし、個人輸入するのは危険なのでやめましょう。

 

爪水虫の飲み薬は肝臓や腎臓に障害がある場合、副作用が現れます。
心臓が苦しくなったり、便秘や下痢などを引き起こす可能性があるのです。

 

皮膚科で飲み薬を処方してもらう場合は、まず肝臓や腎臓に障害がないか診断
されます。

 

そして、障害がなかった場合だけ飲み薬が処方されるのです。

 

個人輸入で手に入れた爪水虫のジェネリックを使う場合でも、この診断は必要です。
皮膚科で診断を受けてから薬を個人輸入代行サイトで、買う必要があります。

 

しかし、個人輸入代行サイトで薬を買ってしまう人は、まず皮膚科に行きません。
また、自分の症状に合ったジェネリックを選べないので悪化する可能性があります。

 

私の友人が、テルシップというジェネリックを個人輸入で買ったことがあるそうです。
飲むとかならず心臓がどくどくして脈打ってしまったといいます。

 

これは、血管に何か障害があって副作用が出ている可能性があります。
そうならないように、ジェネリックは医師に処方してもらいましょう。

 

薬代が安くなるので、診察料がかかっても負担になりません。
また、爪水虫の治療期間は半年~1年と長いです。

 

重大な副作用が出る薬を半年~1年飲み続けていると、体に深刻な不調が出る可能性が
あります。くれぐれも個人輸入はしないでください。

 

■塗り薬のジェネリックもある

爪水虫の塗り薬にもジェネリックはあります。
個人輸入サイトなどで購入できますが、価格は安くありません。

 

例えば、ラミシールクリームのジェネリックの場合は15g入りで1本1,320円。
市販のラミシールクリームは10gで800円代なので、ほとんど同じ値段です。

 

個人輸入の薬を使うよりも国内で製造された日本人向けの薬を使った方が
安心ですよね?

 

また、皮膚科で塗り薬のジェネリックをもらえますが、市販薬の方が購入が楽なので
塗り薬はジェネリックよりも市販薬の方がメリットがあります。

 

また、通常の薬でも市販薬でもジェネリックでも、有効成分が同じなら同等の効果が
あります。

 

ただ、通常の薬やジェネリックには有効成分しか入っていません。

 

市販薬はかゆみ止めの成分などが含まれているので、それが副作用を引き起こす可能性が
あります。

 

安全に薬を使いたいなら皮膚科で塗り薬のジェネリックをもらうのがいちばんです。
個人輸入はもっともよくない選択肢です。

 

ジェネリックは安いから効果が弱いということはありません。
効果も余計な成分が入っていないのも通常の薬と同じです。

 

■ジェネリックにしても保険は効く

爪水虫の薬をジェネリックにしても保険は効きます。
薬代が安くなるうえに保険も効くので、治療費をかなり節約できます。

 

例えば、ラミシールの飲み薬を通常の薬でもらうと、1か月75,000円前後かかります。
これをジェネリックにすると、1か月で4,800円前後で済みます。

 

これに保険が適用されるので、さらにお得になりますよ。

 

長い時間をかけて爪水虫を治す場合は、かなりの費用がかかります。
中には10万円以上かけて治療しても再発してしまう人もいるのです。

 

そうならないためにジェネリックを選ぶだけではなく、薬を毎日丁寧に塗りましょう。
「ジェネリックにしてください」と一言いうだけで節約になるのです。

イラスト

繰り返す水虫で毎年夏になるほど憂鬱になっていました。

でもこの2つの作用が忠実に実行できること。
①皮膚のバリア機能アップ
②固くなった皮膚を柔らかくする

これでいまでは完全に再発しないまでに抑え込む事ができています。

「皮膚に浸透させないと意味がない。」

この発想があるのは、さすが東証一部の企業だなと感じています。

男性用

爪水虫は普通の水虫よりも治りにくいです。
なぜなら、爪は硬いので薬が浸透しにくいから。

爪を保湿することが重要です。
保湿することで有効成分が入りやすくなるからです。

これもドラッグストアで見かける市販薬にはない発想で、関心しました。
ぜひ完治させたい人は試してみてください。

クリアネイルショット