保険が適用される?爪水虫の薬代を節約できる?

■爪水虫の薬には保険が適用される

爪水虫は足の爪が黄ばみ、分厚くなって変形してしまう病気です。
最近は女性に多く、子供でも爪水虫になっている子は少なくありません。

 

爪水虫の治療は皮膚科で薬を処方してもらうか、ドラッグストアや薬局で市販薬を
買って行います。市販薬は手ごろな価格で買えるので、多くの人が愛用しています。

 

皮膚科に行くと自分の症状にあった薬を処方してもらえるので、治りが早くなります。
しかし、市販薬の4倍近い費用が掛かってしまうというデメリットがあります。

 

ただ、保険が適用されれば、もっと安い費用で爪水虫を治せます!
爪水虫の薬に保険が適用されるのかを調べてみました。

 

その結果、飲み薬を使ったパルス療法は2004年から保険が適用されるようになった
ことが分かりました。

 

治療前に行う肝臓検査の費用も入れて1か月で15,000円、3か月で45,000円くらいかかり
ます。

 

また、塗り薬でも治療前に確定診断を受けている場合は、保険が適用されます。
効果が高い薬などは保険対象になっていることが多いです。

 

ただ、保険によって対象条件が違うので、主治医や保険に相談しましょう!

 

■実際に保険を適用しながら治療した人の体験談

ある人の体験談では、保険を適用して爪水虫を完治したそうです。
保険適用後の爪水虫治療の費用詳しい内訳は、以下の通りです。

 

まず、治療前に薬が使えるかを判断する検査に数千円かかったそうです。
そして、その1週間後からパルス療法を10回行ったといいます。

 

パルス療法は保険がきいて1回につき1万円前後。
10回やったので、治療にかかった合計金額は10万円くらいですね!

 

「たかが水虫を治すのに10万円もかかるの?」と思うかもしれませんが、
水虫は完治しないと毎年繰り返す病気です。

 

10万円かけても治す必要があります。

 

また、パルス療法は基本的に3回だけです。

 

10回も行ったということは、この人はかなり進行している爪水虫だったことが
推測されます。

 

爪水虫になってまだ日が浅い人や2~3年繰り返しているだけの人は、3回のパルス療法で
治りますよ。

 

費用は3~4万円と考えてください。

 

爪水虫の治療は申告案病気の治療ではありませんが、検査を受けて治療を始めるので、
保険が適用されることが多いです。

 

ジェネリック医薬品などの場合は、適用外ですが、多くの薬で保険が効きます。
長期間の治療なので、保険を活用して安く済ませましょう。

 

■薬によっては保険が適用されないものもある

皮膚科でもらえる薬には、保険が適用されるものとされないものがあります。
例えば、安い薬などは保険が適用されません。

 

保険が適用される薬がいいと思っていても、爪水虫の症状に合わないと違う薬を
処方されます。

 

ですので、確実に保険が適用される治療法を選んだ方がいいです。
医師にパルス療法にしてほしい旨を伝えておきましょう。

 

また。昔処方薬だったけれど、市販薬としても発売されているOTC薬は保険が
適用されないものの、薬代が安いです。

 

ラミシールなどがPTC薬です。こうした薬を選んでも治療費を節約できます。

 

また、爪水虫の新薬として注目されているクレナフィンは保険の対象です!
保険の請求をするときは3,56gで請求しましょう。

 

そして、薬以外で保険が適用される治療法も知っておくといいですよ!

 

■薬以外で保険が適用される治療法

爪水虫の治療法は、薬を使ったものだけではありません。
保険が適用される治療法にレーザー治療があります。

 

レーザー治療とは爪水虫になっている患部にレーザーを10~20分当てるだけ
の治療法です。

 

麻酔が必要なく、痛みも感じないので安全性が高い治療法といえます。
1か月に1回づつ通院します。

 

痛みは多少ある程度でアメリカでは、すでに認可されている治療法だそうです。

 

私は皮膚科で数回塗り薬を処方してもらって症状が落ち着いて来たら、市販薬に
変更するつもりです。

 

今の保険は爪水虫の薬代と受診料が対象に含まれています。

 

毎回、病院費の3割を自己負担していますが、保険がなかったらかなりの費用に
なっていたので、保険が適用されるかどうかはかなり重要ですね。

 

爪水虫の治療には半年~1年くらい時間がかかります。
費用のことを考えて保険適用かどうかは確認しておきましょう。

 

爪水虫の改善をするなら、処方薬が効果的ですが、市販薬でも十分治ります。
今の市販薬は効能が優れていますし、副作用の心配があありません。

 

保険が効くかどうかわからない処方薬や治療を選ぶよりも、安い市販薬で治療
した方がいいと考える人は少なくありません。

イラスト

繰り返す水虫で毎年夏になるほど憂鬱になっていました。

でもこの2つの作用が忠実に実行できること。
①皮膚のバリア機能アップ
②固くなった皮膚を柔らかくする

これでいまでは完全に再発しないまでに抑え込む事ができています。

「皮膚に浸透させないと意味がない。」

この発想があるのは、さすが東証一部の企業だなと感じています。

男性用

爪水虫は普通の水虫よりも治りにくいです。
なぜなら、爪は硬いので薬が浸透しにくいから。

爪を保湿することが重要です。
保湿することで有効成分が入りやすくなるからです。

これもドラッグストアで見かける市販薬にはない発想で、関心しました。
ぜひ完治させたい人は試してみてください。

クリアネイルショット