飲み薬の方が爪水虫に効く?内側から効く薬のメリットは?

■飲み薬の方がよく効く

爪水虫の薬は塗り薬よりも体の内側から効く飲み薬の方が効果的。
ただ副作用などのデメリットがあるので、医師と相談してから使うかどうか決めてください。

 

例えば、飲み薬を使う場合は薬を処方してもらうたびに皮膚科へ行かなければなりません。
爪水虫の飲み薬に市販薬はないので、毎回皮膚科を受診することになります。

 

また、飲み薬は塗り薬よりも値段が高いです。
長い期間、治療が必要な爪水虫は薬代も気になるところ。

 

飲み薬と塗り薬を比較して、値段にどれくらいの差があるのか検証してみましょう。

 

○ラミシール錠(飲み薬)の場合

 

・1錠 約249円
・1日1錠のむので1か月で30錠
・6か月飲むとすると 249円×(30日×6か月)=44820円

 

○ラミシールクリーム(塗り薬)の場合

 

・10g 約1,500円
・1日1gくらい使うので1か月で3本使う
・6か月塗るとすると 1500円×(3本×6か月)=27000円

 

飲み薬は塗り倍近いの値段がすることがわかりました。
やはり、飲み薬はかなりの費用がかかりますね。

 

■パルス療法にすることで費用と手間を抑えられる

飲み薬はかなりの費用がかかってしまいますが、パルス療法にすれば大丈夫です。
パルス療法は費用を節約しつつ、手間も抑えられる療法で効果も大きいです。

 

飲み薬を1週間飲み続けて3週間休むのを3セット繰り返し、その後は塗り薬に切り替えます。
この治療法は多くの皮膚科で取り入れられていて、かなりの効果があります。

 

実際にパルス療法を体験した人の記事では、症状が一気に改善したそうです。

 

最初薬を飲み続ける期間は特に変化がなく、薬を辞めてからは症状が少しぶり返したそうです。

 

しかし、2回目のときに新しく生えてくる爪がキレイになって、薬を休んでいる期間も症状がぶり返さ
なかったといいます。

 

そして、3回目の薬を飲む期間のときに症状が一気に改善したそうです。
たった21日間でここまで爪水虫が治ると思っていなかったのでうれしかったと言います。

 

飲み薬を毎日飲み続けるのはとても大変で、さきほど説明したように塗り薬の倍近い費用がかかります。

 

しかし、パルス療法にすることで費用の節約になり、毎日薬を飲まなければならないストレスからも
早く解放されますよ。

 

ただ、ラミシール錠だと毎日飲み続ける必要があります。
パルス療法に使える飲み薬はイトリゾールなので、気を付けてください。

 

■爪水虫を治すには、規則正しい生活を心がけよう

爪水虫を治すには、規則正しい生活を送ることが大切です。
薬だけでは治せないので、健康的な毎日を送ってください。

 

例えば毎日インスタント食品ばかり食べていると栄養不足になり、血行も悪くなります。
料理をしない人は栄養バランスのとれた食事をとるのは難しいですが、少しの工夫で改善できます。

 

例えば、コンビニ弁当にサラダをつけたり、カップラーメンを食べた後にフルーツをたべたり、
インスタント食品を食べるときは野菜ジュースを飲んだりすると、栄養バランスがとれます。

 

そして、仕事でパソコンを使っている人は、休日はできるだけパソコンやスマホを使わないように
してください。

 

テレビを見る時間も減らして、軽い運動をしたり、気分転換にハイキングに出かけたりしましょう。
いつも同じような生活を送っていると、気分が落ち込みやすくなってしまいます。

 

週に1回くらい、いつもと違うことをして気分転換するとストレス発散になるのです。

 

■ストレスは爪水虫によくない

人はストレスを感じると全身の筋肉が硬直します。
筋肉が硬くなると血行が悪くなり、末端である足先に血液や栄養が行かなくなります。

 

ストレスを解消して筋肉を保護すことで、足先にもしっかり血液と栄養が行くようになります。
毎日の仕事や学校、家事・育児で多くのストレスを抱えている人は、末端の血液が滞りやすいです。

 

爪水虫はかゆみが出ることがあります。
常にかゆい状態は、強いストレスを生みます。

 

できるだけ早く爪水虫を治して、ストレスが強い生活から解放されましょう。

 

また、ちょっとした空き時間に伸びをしたり、好きな音楽を聞いたりして簡単にストレス発散する方法を
身に着けておいてください。

 

爪水虫だと仕事に対する集中力も弱くなりますし、効率も落ちてしまいます。
仕事が思ったように進まないとかなりのストレスになるので、集中力を高める方法を知っておきましょう。

 

集中力を高めるには、空腹の時間を長くするといいです。
満腹の状態ではエネルギーが食べ物を消化することに使われてしまい、脳にまで届かなくなります。

 

お腹がすいている状態は脳に多くのエネルギーがいくので、集中しやすいのです。

イラスト

繰り返す水虫で毎年夏になるほど憂鬱になっていました。

でもこの2つの作用が忠実に実行できること。
①皮膚のバリア機能アップ
②固くなった皮膚を柔らかくする

これでいまでは完全に再発しないまでに抑え込む事ができています。

「皮膚に浸透させないと意味がない。」

この発想があるのは、さすが東証一部の企業だなと感じています。

男性用

爪水虫は普通の水虫よりも治りにくいです。
なぜなら、爪は硬いので薬が浸透しにくいから。

爪を保湿することが重要です。
保湿することで有効成分が入りやすくなるからです。

これもドラッグストアで見かける市販薬にはない発想で、関心しました。
ぜひ完治させたい人は試してみてください。

クリアネイルショット