ネドリールという薬は爪水虫にどれくらい効果的?

■リドネールの効果

爪水虫の内用薬にリドネールという薬があります。
どんな効果があり、どんな副作用があるのか調べてみました。

 

ネドリールはラミシールのあとに発売された薬で、ジェネリック医薬品です。
主成分はテルビナフィン塩酸塩で、市販の塗り薬にも使われている成分です。

 

飲み薬なので体の内側から効果を発揮しますが、ラミシールのジェネリック医薬品なので効果は
少し弱いです。

 

ラミシールの方が効果が強いことを知っておきましょう。
また、リドネールだけでは完治は難しいと考えてください。

 

そして、リドネールは肝臓に副作用を引き起こす可能性があります。

 

肝障害がある人はリドネールを飲むことができません。
皮膚科で処方してもらうときに肝臓の病気のことを伝えて、他の薬にしてもらいましょう。

 

また、それ以外の副作用としては以下のような症状があります。

 

・胃部不快感
・下痢
・吐き気

 

これ以外にも副作用が出る可能性があります。
リドネールを飲み始めて少しでも体に不調を感じるようになったら、皮膚科で相談してください。

 

■口内炎ができる可能性もある

リドネールは口内炎ができる可能性もあります。
口内炎は爪水虫同様、ストレスの強い症状なので早めに治しましょう。

 

口内炎も爪水虫も命にかかわる病気ではありません。

 

しかし、口の中も足の指も感覚が敏感な部分なので、ちょっとした症状でも強いストレスを感じるの
です。

 

ですので副作用で口内炎が出たら、すぐにリドネールを飲みのをやめて外用薬に変えましょう。
リドネールと同じテルビナフィン塩酸塩を有効成分としている外用薬は、以下の通りです。

 

・ダマリングランデクリーム
・ブテナロック
・ラミシールプラス

 

これ以外では処方薬にMEEKという薬があります。
テルビナフィン塩酸塩が1%配合されている薬です。

 

私は爪水虫になったばかりのころ、ドラッグストアで売っていたいちばん安い塗り薬を使っていま
した。

 

しかし、まったくよくならないのでもう少し高い塗り薬を購入。
それでもよくならなかったので、皮膚科に行って塗り薬を処方してもらいました。

 

それをきっかけにどんどん症状がよくなっていって、今では市販の薬で症状が抑えられています。

 

爪水虫の治療期間は半年~1年ですが、その間に症状がどんどん良くなっていきます。
良くなってきた爪水虫に効果の強い薬は必要ありません。

 

そのときそのときの症状に合わせて、薬を変えていくといいでしょう。

 

■薬を変えるときの注意点

爪水虫の治療中に薬を変える場合は、皮膚科で医師に相談をしてからにしましょう。
自己判断で薬を変えると症状が悪化することがあります。

 

また同じ有効成分の薬に変更する場合でも、有効成分以外の成分・副成分がその人に合わない可能性も
あります。

 

医師に相談して変えることで、治りかけていた症状が悪化するのを防ぐことができます。

 

そして、薬以外にも抗菌スプレーなどを活用することで治りが早くなります。
ただ抗菌スプレーは足に直接つけるのではなく、靴や靴下につけましょう。

 

毎日履いているスリッパも抗菌スプレーをつけることで、爪水虫の治りが早くなります。
白癬菌がいそうな場所に抗菌スプレーをかけるのを習慣にしましょう。

 

■爽快感を得たいなら冷やしましょう

爪水虫の市販薬の中には爽快感を得るために、刺激の強い成分を入れているものもあります。
使い心地はいいですが肌に負担がかかりますので、使わないようにしてください。

 

そして、爽快感が強い薬はかゆみが出たときにかゆみを抑える手段として使ってしまいがち。
これでは薬を塗りすぎているだけではなく、症状を悪化させてしまう可能性があります。

 

そこで、爪水虫がかゆくなったり、不快な感じがしたときは冷やしてかゆみを抑えましょう!
保冷剤を水虫専用にしてかゆくなったら冷やすことで、かゆみが収まります。

 

氷水につけてもいいのですが面倒なので、保冷剤を足に当てましょう。
そして、かゆみが収まったら患部を軽くマッサージして冷えすぎないようにしてください。

 

足先を冷やすと体温が一気に下がってしまいます。
冷やし終わったら暖かい飲み物を飲んで、体温が下がるのを防ぎましょう。

 

いつも爪水虫のかゆみがつらいという人は、お風呂上りなどの体温が上がったときに保冷剤で足を
冷やすようにしてください。

 

そして、冷やすときのポイントはかゆみが引いたら冷やすのを辞めること。
あまりにも冷やしすぎると足が痛くなってしまいます。

 

冬だとしもやけを併発する可能性もあるので、くれぐれも気を付けてください。
このように、薬以外でも爪水虫を改善する方法があるので試してみましょう。

イラスト

繰り返す水虫で毎年夏になるほど憂鬱になっていました。

でもこの2つの作用が忠実に実行できること。
①皮膚のバリア機能アップ
②固くなった皮膚を柔らかくする

これでいまでは完全に再発しないまでに抑え込む事ができています。

「皮膚に浸透させないと意味がない。」

この発想があるのは、さすが東証一部の企業だなと感じています。

男性用

爪水虫は普通の水虫よりも治りにくいです。
なぜなら、爪は硬いので薬が浸透しにくいから。

爪を保湿することが重要です。
保湿することで有効成分が入りやすくなるからです。

これもドラッグストアで見かける市販薬にはない発想で、関心しました。
ぜひ完治させたい人は試してみてください。

クリアネイルショット