合わない場合はどうする?ブテナロックが効かないときは?

■本当にブテナロックが効かないか見直そう

ブテナロックを使っても、水虫が一向に良くならない場合があります。
そういった場合はまず、本当に効かないのか見直しましょう。

 

ブテナロックが効かないと思ったときは、以下のポイントについて考えてみてくだ
さい。

 

・1回にどれくらいの量を塗っているか
・ブテナロックを塗り始めてどれくらい経つか
・塗るタイミングは正しいか

 

まず、1回にブテナロックを塗る量ですが、水虫の症状が出ているところだけではなく
その周辺も塗ってください。

 

例えば、趾間型白癬という指の間に出来る水虫の場合、薬指と小指の間に症状が出る
ことが多いです。

 

その場合は、足の指すべてと足の裏の上の方3分の1に塗りましょう。

 

薬指と小指の間しか薬を塗らないと、皮膚の中の白癬菌を殺菌できません。
白癬菌は症状が出ている部分の周辺にも感染しています。

 

ブテナロックを塗る範囲を広げてみてください!

 

また、水虫薬は1本10gしか入っていないので、正しい範囲に薬を塗っていると10日
ほどしか持ちません。

 

1本塗り切ったとしても、10日しか塗っていないのでは本当の効果はわかりません。
ですので、3か月間は塗り続けてください。

 

そして、ブテナロックを塗るタイミングにも注意しましょう。
水虫薬は足の皮膚が清潔になり、柔らかい状態のときが一番効果的です。

 

ですので、お風呂上りに塗ってください。

 

たくさん塗れば効果が早く出ると思って何回も塗ってしまうと、逆に効果が出るのが
遅くなってしまいます。

 

ブテナロックは種類に関係なく1日1回なので、それを守ってください。

 

■正しく塗ってもブテナロックが合わない場合

正しく塗ってもブテナロックが合わず効果が出ない場合は、有効成分が合わないことが
原因です。ブテナロックの有効成分は、ブテナフィン塩酸塩といいます。

 

ブテナロック塩酸塩は、真菌の細胞膜構成成分の生合成を阻害します。
白癬菌は真菌の一種なので、繁殖が止まり、水虫の症状が軽くなります。

 

しかし、このブテナフィン塩酸塩が合わないと、ブテナロックが効きません。
また、ブテナフィン塩酸塩はただれている水虫に使ってはいけません。

 

ただれている水虫に使うと症状を悪化させるので、他の塗り薬にするか内服薬にしま
しょう!

 

内服薬は危険というイメージがあるかもしれませんが、そんなことはありません。
正しく処方してもらえば、重大な副作用は起こさないです。

 

■内服薬は危険?

水虫の内服薬は副作用が肝臓や胃に出ます。
肝臓や胃腸が悪い人は、使わないようにしましょう。

 

水虫の内服薬で肝障害が出たことがありますし、薬が一番最初に入る胃は薬の影響を
大きく受けるところです。

 

成分が強すぎると胃が荒れてしまいますので、いろいろな塗り薬を使っても効果がなかっ
た場合だけ内服薬を使ってください。

 

内服薬は外用薬とは違い、市販のものがありません。
皮膚科を受診して処方してもらいましょう。

 

私の友人は、内服薬と外用薬を併用して水虫を半年くらいで治しました。

 

最初は、「たかが水虫に内用薬なんて大げさなんじゃないの?」と思っていましたが、
みるみる症状が良くなっていったので、効果の強さがよく分かりました。

 

ブテナロックが効かない場合は、症状が悪化しすぎている場合があるので、一度皮膚科で
診てもらいましょう。

 

内服薬は副作用は、外用薬よりも重いです。
しかし、効果があれば外用薬よりも早く治ります。

 

つまり、内服薬にはリスクがあるのです。
しかし、これはブテナロックにも当てはまることなのです。

 

■ブテナロックがリスクがある原因

ブテナロックには、強い効果がある反面、副作用もあります。
これは、ブテナロックが水虫の匂いも撃退する薬だからです。

 

ブテナロックにはイソプロピルメチルフェノールという非常に強い抗菌成分が配合され
ています。

 

この成分は高い消臭効果があるので、ワキガの薬にも使われているのですが、塗る量を
間違えれば体に害をもたらします。

 

しかし、市販薬に配合していいイソピルメチルフェノールは0.1以下と決められています。
塗りすぎても深刻な害があるわけではありません。

 

ただ、塗りすぎて肌荒れを起こすことがあります。
塗りすぎたと思ったら、ティッシュで余分な薬をふき取ってください。

 

ティッシュでふき取っても効果が弱くなることはありません。
ブテナロックは広く薄く塗りましょう!

 

ただ、匂いが強い水虫にはとても効果的ですが、匂いがない水虫にはイソピルメチル
フェノールが配合されていなくても問題ありません。

 

肌荒れが心配なので、他の市販薬にしましょう。

イラスト

繰り返す水虫で毎年夏になるほど憂鬱になっていました。

でもこの2つの作用が忠実に実行できること。
①皮膚のバリア機能アップ
②固くなった皮膚を柔らかくする

これでいまでは完全に再発しないまでに抑え込む事ができています。

「皮膚に浸透させないと意味がない。」

この発想があるのは、さすが東証一部の企業だなと感じています。

男性用

爪水虫は普通の水虫よりも治りにくいです。
なぜなら、爪は硬いので薬が浸透しにくいから。

爪を保湿することが重要です。
保湿することで有効成分が入りやすくなるからです。

これもドラッグストアで見かける市販薬にはない発想で、関心しました。
ぜひ完治させたい人は試してみてください。

クリアネイルショット